0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
藤本 大揮さんの合格体験記

合格者

通学の授業を休んだ時もその翌日からWebでその録画が視聴できた

藤本 大揮 さん

東京大学経済学部在学中合格

公認会計士を目指した理由と時期

大学2年の夏休み前に始めました。大学1年の時にひたすら遊んでいたため、このまま遊び続けていたらダメ人間になると思い、何か自分が成長できるような新しいことを探していました。
そんな時、偶然会計士試験の勉強をしている友達に会い、会計士という資格に興味を持ち、LECの体験授業に行ったのがきっかけです。体験授業で会計学の面白さ、社会に出てからの有用性を知り、始めることを決意しました。

LECを選んだ理由

通学授業をしている渋谷駅前本校が大学のキャンパスから近かったこと、また通学授業を担当されていた先生が良いという評判を大学の同期や先輩から聞いたことがLECを選んだ理由です。
実際体験授業を受けて、この先生の言うことを信じて勉強すれば合格できるかもしれないと根拠もないのに感じたのを今でもよく覚えています。

LECのカリキュラムについて

5月短答8月論文で合格を目標としていたため、5月短答前の1月2月あたりに論文のみの科目である租税法と経営学を勉強できる講座があったのは、論文式試験の勉強が3ヶ月しかない僕にとってありがたかったです。
またその2科目の勉強時間が確保できるよう、財務会計の計算と管理会計については12月までで、本番で戦えるだけの知識は教えてもらえたことも、1月以降の財務管理の勉強時間の短縮につながり、良かったです。

LECの教材について

財務会計理論:一問一答問題集は過去問部分を何周もするのが短答対策には良かったです。論文式試験用の理論問題集は右ページのpoint listが優れもので、短答の勉強時に持っていたら、問題を解いていて疑問がでた際の辞書代わりに使っても良かったのかなと思います。
管理会計:上級テキストが短答の理論問題対策に良いと思います。
監査論:上級問題集(過去問)を何周もするのが短答対策に良いと思います。
企業法:短答は一問一答問題集を何周もしてわからない時に辞書代わりとしてテキストを使うのが良かったです。論文は理論問題集とグレ答練を回転させるのが良いと思います。
租税法:計算は基本問題集を回転させて基礎力をつけてから答練を解くのが良いと思います。理論に関しては最初から答練や模試を解いて、とにかくたくさん解いて答えを覚えるのが良いと思います。
経営学:計算は二ノ宮先生の授業を受けてインプットを済ませたらグレ答練の1〜5回を使ってアウトプットするので十分だと思います。理論は直前期に模試答練を覚え込むのが良いと思います。

LECの講師について

先生にはわからない問題のご指導だけでなく、各科目の勉強の仕方や時間配分など勉強のスケジューリングの相談にものっていただき本当に助かりました。
短答合格から論文式試験までの間は、論文受験生向けの授業はすでに終わっていたため、財務会計の影山先生、管理会計と経営学の二ノ宮先生、企業法の森村先生には、個別に時間をとってわからない部分を教えていただき、とても助かりました。

LECのフォロー制度について

都合が悪く通学の授業を休んだ時もその翌日からWebでその録画が視聴できたので、追いつくのが容易で非常に助かりました。

今後の目標や、これから始める方へメッセージ

公認会計士の試験に合格したからと言ってそれはゴールではなく、自分のキャリアのスタート地点に立ったにすぎません。なので、ここで満足せずに監査法人に就職した後も、勉強を重ねて経験を積みたいと思います。
この試験は確かに難しい試験ですが、本当に難しいのは合格することではなく、そのための勉強をめげずにやり続けることだと思います。諦めなければ最後には必ず良い結果が待っています。これから受験する方はどうかめげずに頑張ってください。

PAGE TOP