0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
朴 眞満さんの合格体験記

合格者

短答式、論文式それぞれに特化したカリキュラムになっている点がすごく効率的

朴 眞満 さん

東京大学経済学部在学中合格

公認会計士を目指した理由と時期

高校生の頃から「将来は手に職をつけてグローバルに活躍したい!」という夢を持っていたため、大学進学後その第一歩として公認会計士の資格を取ろうと思いました。もともと社会の仕組みを知ることや数字に触れるのは好きな方だったので、初めは知識ゼロからのスタートでしたが、簿記の入門からスムーズに勉強を開始することができました。

LECを選んだ理由

他の予備校に比べて価格設定がリーズナブルであった点と、同じ大学の先輩方が通っていたため勧められた点、そして渋谷校の松本先生の話に魅せられた点の3点が挙げられます。LECは他に比べて安いというのは魅力的ですが、だからといってカリキュラムや教材の質が低いわけでは決してありません。与えられた教材を言われた通りにこなせば合格を掴むことは必ずできます。また松本先生が随時相談に応じてくださりモチベーションを保つこともでき、一石二鳥の環境でした。

LECのカリキュラムの良かった点・活用方法

短答式、論文式それぞれに特化したカリキュラムになっている点がすごく効率的だと感じました。他校の場合、短答の前に論文でしか扱わない租税法の授業が入っていたりするところもあるようですが、LECではまず短答、その後論文、という形でそれぞれに特化し対策ができるので目標を絞って集中できる環境が整えられました。「短期集中」こそが合格するためのキーだと個人的には考えているのですが、それを実践しているのがLECのカリキュラムだと考えています。

LECの教材(テキスト、問題集、レジュメ、模試など)の良かった点

短答講座のの松本先生のレジュメが非常にわかりやすく、何度も反復して見返すことで知識を効率的に吸収することができました。授業中には先生が実際にマーカーで色を付けながら進めて下さったため、レジュメのどこが重要なのか、またどういった流れで授業が進んだのかが後の復習でも分かり、知識が定着しやすかったです。

LECの講師に指導されて良かった点

松本先生の授業はその説明の分かりやすさもさることながら、授業中の雑談等でモチベーションを上げてくださった点が非常に良かったです。会計士試験はかなりの長期戦なのでモチベーションが下がりそうになることも多々あります。そういった中で先生の監査法人勤務時代の話やビジネスに紐づいた話などを授業中にしていただいたことで、会計以外の視野も広がりましたし、またそれが息抜きにもなり、勉強に対して前向きに向かうことができたと思います。

LECのフォロー制度(欠席フォロー、担任制度など)の良かった点

通学のコースでしたので授業にはできるだけ参加するよう心がけていましたが、どうしても用事があって休む場合には欠席フォローを利用しウェブでカバーしました。欠席した分の授業はすぐにウェブにアップされるためかなり早く追いつくことができ大変便利でした。また、休んだ分のレジュメは受付の方に頼めばすぐに用意していただいたので、こちらの要望に対して柔軟に対応してくださった点も非常にありがたかったです。

今後の目標(就職先での職務についてなど)や、これから始める方へメッセージ

大手監査法人に勤務予定です。将来はグローバルに活躍する会計士になることが夢なので、英語力の向上やIFRSの知識を身に着けるなど自己研鑽に励みつつスキルアップしていきたいと思います。公認会計士の資格を取るにはかなりの時間、量が必要になってくることは事実ですが、結局はあきらめずに最後までやり通す精神力、忍耐力が最も試される試験であるように思います。最初は大変だと思いますが、そういった壁を乗り越える分だけ自分の自信になり、合格への道が開けてきます。これから始める方は最後の最後までくらいついて、ぜひ自らの手で合格を掴み取ってほしいと思います。

合格体験記
2019年5月 短答式試験 合格体験記
(令和元年度第Ⅱ回)
2018年12月 短答式試験 合格体験記
(平成31年第Ⅰ回)
2018年度 最終合格者 合格体験記 2018年5月 短答式試験 合格体験記
(平成30年第Ⅱ回)
2017年度 最終合格者 合格体験記 2017年度 上位合格者対談 2017年以前 短答式試験 合格体験記 2016年度 最終合格者 合格体験記 2015年度 最終合格者 合格体験記 2014年度 最終合格者 合格体験記 2013年度 最終合格者 合格体験記

PAGE TOP