外務員

試験情報

現在、どなたでも外務員資格試験(一種外務員資格試験、二種外務員資格試験)を受験することができます。
平成27年4月1日以降、「投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令」を「投資信託及び投資法人に関する業務」に統合するとともに、「投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令」中の「金融商品の勧誘・販売に関係する法律」を独立した科目とされました。

試験概要

  二種外務員 一種外務員
受験資格 受験を希望する方は、年齢等にかかわらず、どなたでも受験することができます。
受験料 8,704円(税込)
試験時間 2時間 2時間40分
試験会場 全国の主要都市で試験を受けることが可能となっております。
詳細につきましては、プロメトリック株式会社の試験会場(テストセンター)にてご確認ください。
試験の実施日 原則として、月曜日から金曜日の毎日(祝日、年末年始を除く)
ただし、試験会場(テストセンター)によって異なりますので、受験申込の際にご確認ください。
試験の申込
可能期間
申込日の翌日を1日目として5日目(土日祝日、年末年始を除く)の日から1カ月間に行われる試験の受験を申し込むことができます。
不合格の場合の
受験待機期間
受験し不合格になった場合、不合格となった試験の受験日の翌日を1日目として、以後30日間はすべての試験を受験することができません。
(注)この規定に違反して受験したことが判明した場合、合格しても資格が取り消されます。
出題内容
出題科目 出題科目を参照 出題科目を参照
出題の範囲 (1)「外務員必携(第1巻〜第3巻)」を中心とした基礎的知識(注)(信用取引、先物取引およびオプション取引については、二種外務員が行うことができる業務の対象外ですが、その基礎的知識については、「株式業務」「債券業務」等各関連の科目に含めて出題します)
(注) 関連法令・諸規則等に制度変更があった場合には、新制度に基づいて出題します。
(2)コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項
(1)「外務員必携(第1巻〜第4巻)」を中心とした範囲(注)
(注) 関連法令・諸規則等に制度変更があった場合には、新制度に基づいて出題します。
(2)コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項
問題の形式 (1)選択方式(5つのうち正解を1つあるいは2つ選ぶもの)および○×方式
(2)試験は、試験会場に備えられたPC(パソコン)により行います。PCの操作にはマウスを使用します。
問題数 70問(○×方式50問、五肢選択方式20問)
(注) ○×方式の問題は1問2点、選択方式の問題は1問10点(五肢択二は各5点)
100問(○×方式70問、選択方式30問)
(注) ○×方式の問題は1問2点、選択方式の問題は1問10点(五肢択二は各5点)
合否判定基準 300点満点のうち、7割(210点)以上得点した者を合格者とします 440点満点のうち、7割(308点)以上得点した者を合格者とします

外務員資格についての詳細は日本証券協会サイトへ

申込方法

インターネットからお申込

プロメトリック(株)のオンライン予約

電話でお申込

【プロメトリックオンライン予約センター】
03-5541-4690
窓口営業時間 土日・祝祭日・年末年始を除く 9:00〜18:00

受講・受験相談、お申込みのお問い合わせはお気軽にどうぞ

受講・受験相談

オンラインから受講お申し込み

LECへのご質問