0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

ファイナンシャルプランナー 資格概要

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格をわかりやすくご案内します。

FP[ファイナンシャルプランナー]とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金にまつわる知識をベースに顧客が望むライフプラン(生涯生活設計)を 実現させるためにコンサルティングを行う、ライフプランの総合アドバイザーです。

たとえば金融業界では、金融商品の知識は必須の項目。不動産業界では、住宅取得の税制や住宅ローンについて役立ちます。一般企業では年金等の知識を活かして、総務部の福利厚生関係の仕事もできるでしょう。

また家計でも、保険の見直し、教育費の準備や住宅購入費用、相続などお金にまつわる問題を避けて通ることはできません。

FP資格はお金にまつわる多角的な知識を身につけることで税理士や弁護士などの特定分野の専門家とは異なる包括的な視点でコンサルティングを行う点が最大の特徴です。

ファイナンシャルプランナー(FP)とはあなたのライフプラン(生涯生活設計)を実現させる「お金の達人」なのです。

ファイナンシャル・プランニングとは?

暮らし・人生で欠かすことのできない"お金"に関わる最適なプランを作成することができます。

資産運用
家族構成やライフプランによって異なる資産運用プランを、現状や将来の予定・夢を把握しながら、作成することができます。
住宅取得
住宅取得には非常に大きな資金が必要。FPによる、住宅ローンの組み方や関連法令・法規の知識に基づくプランを作成することができます。
生命保険の見直し
公的年金制度をはじめとする幅広い知識をもって、最適なプランを作成することができます。
教育資金
子供一人あたりにかかる教育費が年々増大傾向にある中、子供の誕生から大学卒業までの長期にわたる最適な教育プランを作成することができます。
リタイアメントプラン
老後に不安を感じている方が多い昨今、生活費の確保に留まらず、医療保障なども含めた充実したシニアライフを送るためのプランを作成することができます。
相続・事業継承
"争族"にしないためにはどうするか、事業をいかに引き継ぐか。税理士、弁護士等の専門士業と連携しながら顧客へのプラ

FP[ファイナンシャルプランナー]で学ぶ6分野

自分自身の暮らしに活かせる、全6分野の知識。
人生で関わる、お金のあれこれを学びます。

1.金融資産運用設計

個人向け国債の特徴は?株は、今買ったほうがお得?

関連資格 証券アナリスト
2.不動産運用設計

定期借地権の仕組みとは?
J-REITってなに?

関連資格
3.ライフ・リタイアメントプランニング

住宅ローンの仕組みとは?
年金は何歳から貰える?

関連資格
4.リスクと保険

私が入るべき保険は?
投資型年金ってなに?

関連資格社会保険労務士
5.タックスプランニング

住宅ローン減税ってなに?
確定申告で得をする?

関連資格
6.相続・事業承継設計

相続時精算課税制度とは?
遺産分割と納税の流れ?

関連資格

ファイナンシャルプランナー(FP)資格制度

ファイナンシャルプランナー(FP)は、目的・レベルに応じて取得できる資格です。

2002年度に国家資格として、FP技能士が創設され、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)と一般社団法人金融財政事情研究会(金財)が試験実施機関に指定されました。どちらで試験を受けても同じ国家試験であるファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)に認定されます。また、以前からあったFP協会の民間資格は並立して継続されることになりました。現在、FP資格は5つの種類があります。

日本ファイナンシャル
プランナーズ協会
金融財政事情研究会 3級FP技能士(国家資格) 2級FP技能士(国家資格)

認定研修

AFP(民間資格)

CFP®(民間資格)

学科試験免除

1級FP技能士(国家資格)

目的・レベルに応じて取得できるFP[ファイナンシャルプランナー]資格

暮らしに活かせる「3級FP」、キャリアアップに使える「2級FP・AFP」、高い専門性を有する「CFP®・1級FP」。目的に応じて3つのレベルからあなたにぴったりのFP(ファイナンシャルプランナー)資格を選ぶことができます。

1.資産運用・家計管理に

資産運用のためにどんな金融商品が最適なのか、マイホーム購入のためにどの住宅ローンを選べば良いのか。日々のさまざまな疑問を解決するための、生活に直結した知識を学べる、それがFPの魅力です。まさに生きる「知識」を身につけることで、ご自身の生活をさらに豊かなものにすることができます。

オススメのFP3級FP技能士
2.企業内FPになる

銀行や生命保険会社、証券会社などの金融機関や不動産会社、ハウスメーカーなどでは、単なる販売員を超えてお客様の資金全体を考えるコンサルタントとして活躍しています。FPの知識を活かすことによって専門分野を広げたり付加価値をつけることができます。最近では総務や人事といった管理部門で活躍するFPも増えています。

オススメのFP
3.独立系FPになる

独立系FPは、長期的な視野での相談業務を中心に、お金のエキスパートとして活躍の場を拡げています。知識だけでなく、より高度な相談能力やプランニング能力が求められますが、中立的な立場からお客様にとって最適な資産運用・商品選択を提案することは、非常にやりがいにあふれた仕事と言えます。

オススメのFP

PAGE TOP