0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

初学者向け講座 はじめての土地家屋調査士

初歩の初歩からやさしく解説!

土地家屋調査士試験を初めて受験される方が特に不安を感じる数学、作図、関数電卓について、初歩の初歩からやさしく解説する入門講座です。
短期合格の秘訣は「正確な技術(作図・電卓操作)を身につけること」「早く始めて、数多くこなすこと」です。
インプット完成講座の「全体構造編書式」でも、数学・三角定規・関数電卓については説明しますが、苦手意識をお持ちの方はこの講座で合格に必要な土台作りをして下さい。
特に数学を苦手とされている方、書式の図面作成に悩んでいる方にオススメです。

受講目安:『インプット完成講座 全体構造編書式』の受講開始前

講座に含まれる科目

よくわかる数学(全4回)

講座の概要を見る

「いまさら聞けない」ことから始めます

土地家屋調査士試験に必要な数学は高校1年生レベル。しかし、合格者でも元々は「数学なんて覚えてない」という方が大半です。
苦手意識の強い「数学」ですが、必要な知識さえしっかりマスターできれば、試験突破は充分可能です。この講座では、小数の計算やピタゴラスの定理など土地家屋調査士試験のポイントとなる数学知識を初歩の初歩から学習します。

  • 120分×4回

はじめての三角定規(全2回)

講座の概要を見る

※三角定規付き、無しをお選びいただけます。

「作図?」が「慣れれば簡単!」になる講座

土地家屋調査士試験の特徴の一つが「作図」です。
三角定規を使って作図を行うという試験内容に不安をお持ちの方も少なくないでしょう。しかし作図は、試験勉強の初期段階できちんと三角定規の使い方を学習し、作図の演習問題を多くこなすことで、どんどん早く正確になるものです。この講座では、三角定規の使い方を確実にマスターし、初心者でも「慣れれば簡単」と思っていただけるレベルまで指導いたします。

  • 120分×2回

はじめての関数電卓講座(全3回)

講座の概要を見る

※この講座では関数電卓 カシオ fx-JP500を使用します。

「どこを押す?」不慣れな関数電卓をあなたの武器に!

土地家屋調査士試験合格の要素の一つである関数電卓の攻略。
必要とされるのは、「機能の把握」と「操作の訓練」です。本講座では、関数電卓の基本的な機能及び操作方法を学び、演習を行うことで知識の定着と正確な操作技術を身につけていきます。繰り返し演習を行うことで速さも身につけ、いち早く関数電卓をあなたの武器にするための講座です。

  • 120分×3回

はじめての六法(全1回)

講座の概要を見る

※この講座では『詳細 登記六法 平成31年版』(一般社団法人 金融財政事情研究会 発刊)を使用します。

「六法とはなにか」を学びます

土地家屋調査士試験の学習で、なぜ六法が必要なのか。それは、試験問題の根拠がすべてここにあるからです。問題を解くうえで、択一問題なら「法律でこう規定しているからこのような答えになる」という根拠に、書式問題でも「不動産登記法という法律でこのような規定があるから、このような申請書を作成することになる」など、すべての根幹になるのが六法です。六法とはどんなものなのかを知るために、まずは概要に触れておきましょう。

  • 30分×1回

PAGE TOP