キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントが必要とされる社会背景
〜なぜ今キャリアコンサルタントが必要とされるのか〜

雇用環境の変化 仕事感の変化

社会環境の変化
ここ10数年の間に日本の経済、及び、社会環境は大きく変化しました。バブル景気とその崩壊を経て、08年にはリーマンブラザーズの経営破綻をきっかけとした世界同時不況が始まりました。
そのような長い経済不況により、日本企業古来の雇用制度である終身雇用制度、年功序列の慣行は失われつつあります。雇用環境は大きな変化を遂げようとしています。
個人の変化
一方各個人の仕事観にも変化が現れてきています。“ワークライフバランス”という単語に代表される、仕事だけでなく、余暇、人生の楽しみも重視する考え方や、自分の望む生き方に合わせた職業選択も少しずつ浸透し始めており、価値観は多様化しています。
このような社会、各個人の変化により、日本では様々な働き方が選択可能になりました。しかし、それと同時に1つの企業・組織における継続的・安定的な雇用状態の中で「キャリア」を築くことは、困難になりつつあります。自らの価値観・職業観・人生観に基づいて、自らキャリアを形成していく必要性が生じてきています。

キャリアコンサルタント資格の誕生

Page Top

キャリアコンサルタントへのニーズ

ますます高まるキャリアコンサルタントへのニーズ

Page Top

キャリアコンサルタント