0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

ケアマネジャー

ケアマネジャー

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャー(介護支援専門員)の魅力

ケアマネジャー(介護保険法上の名称は介護支援専門員)は、介護を必要とする人に合った、必要な福祉のサービスを届ける、介護を必要とする人にはなくてはならない役割を担う専門職です。

ケアマネジャーになるには?

ケアマネジャー試験(正式名称は介護支援専門員実務研修受講試験)に合格し、試験合格後に各都道府県で実施される実務研修過程を修了し、登録して、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。

この試験に合格する為には、『「八訂]介護支援専門員基本テキスト』を読むことが必要となります。

資格試験ガイド

試験の種類と概要

受験資格 ※2018年から受験資格が厳しくなりました

受験資格区分(資格・業務内容等) 必要な実務経験
A

下記の国家資格を取得後、登録してからの実務経験が5年かつ900日以上ある者

  • 医師、
  • 歯科医師、
  • 薬剤師、
  • 保健師、
  • 助産師、
  • 看護師、
  • 準看護師、
  • 理学療法士、
  • 作業療法士、
  • 社会福祉士、
  • 介護福祉士、
  • 視能訓練士、
  • 義肢装具士、
  • 歯科衛生士、
  • 言語聴覚士、
  • あん摩マッサージ指圧師、
  • はり師、
  • きゅう師、
  • 柔道整復師、
  • 栄養士(管理栄養士含む)、
  • 精神保健福祉士、

に基づく業務に従事する者

※ホームヘルパー等に基づく実務経験では2018年度以降受験できなくなりました。

A及びBの期間が通算して5年以上であり、かつ、当該業務に従事した日数が900日以上であること
B

下記の施設等において法により必置とされる相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者

  • 特定施設入居者生活介護に関する生活相談員
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護に関する生活相談員
  • 介護老人福祉施設に関する生活相談員
  • 介護老人保健施設の支援相談員
  • 介護予防特定施設入居者生活介護に関する生活相談員
  • 計画相談支援に関する相談支援専門員
  • 障害児相談支援に関する相談支援専門員
  • 生活困窮者自立相談支援事業にあっては、別に定める者(主任相談支援員)

※介護などの業務の従事者で通算10年以上かつ従事日数1,800日以上では2018年度以降受験できなくなりました。

※受験資格の詳細につきましては、必ず該当年度の「受験要項」でご確認下さい。

ケアマネジャーの概要

記述や実技テストはない、受けやすい試験です。

試験日時 例年10月中旬の日曜日
2018年は10月14日(日)午前10時00分から12時00分まで(120分)
願書配布 各都道府県の介護保険課等へお問い合わせください。
申込み受付

毎年試験日が異なるため、各都道府県の介護保険課等へお問い合わせください。

※東京都の場合、2018年は5月31日(木)〜6月30日(土)予定

試験実施回数 年1回
出題形式 五肢複択方式
解答方式 マークシート形式
試験科目 介護支援分野・保健医療福祉サービス分野(保健医療サービス分野・福祉サービス分野)
出題数
  1. ①介護支援分野
    出題数 25問 合格基準15点(2017年度)
  2. ②保健医療福祉サービス分野
    出題数 35問 合格基準23点(2017年度)

    • 保健医療サービス分野 出題数 20問
    • 福祉サービス分野 出題数 15問

※合格基準は年度によって変わります。

試験時間 120分
受験料

各都道府県により異なります

※東京都の場合、2018年は9,200円

合格発表

例年11月下旬〜12月初旬

※東京都の場合、2018年は12月4日(火)予定

受験者数・合格者数・合格率

超高齢化社会の中、人気資格であるケアマネジャー(介護支援専門員)を目指す受験生は増加の傾向にあります。
また試験は難化していく傾向にあり、合格率も下がっています。
5人のうち4人は合格できないという、合格率です。

受験者数(A) 合格者数(B) 合格率(B/A)
第1回〜第20回合計 2,755,820人 695,017人 -
第20回(2017年度) 131,560人 28,233人 21.50%
第19回(2016年度) 124,585人 16,281人 13.10%
第18回(2015年度) 134,539人 20,924人 15.60%
第17回(2014年度) 174,974人 33,539人 19.20%
第16回(2013年度) 144,397人 22,331人 15.50%
第15回(2012年度) 146,586人 27,905人 19.00%

第1回から第14回までのデータを見る

受験者数(A) 合格者数(B) 合格率(B/A)
第14回(2011年度) 145,529人 22,332人 15.30%
第13回(2010年度) 139,959人 28,703人 20.50%
第12回(2009年度) 140,277人 33,119人 23.60%
第11回(2008年度) 133,072人 28,992人 21.80%
第10回(2007年度) 139,006人 31,758人 22.80%
第9回(2006年度) 138,262人 28,391人 20.50%
第8回(2005年度) 136,030人 34,813人 25.60%
第7回(2004年度) 124,791人 37,781人 30.30%
第6回(2003年度) 112,961人 34,634人 30.70%
第5回(2002年度) 96,207人 29,508人 30.70%
第4回(2001年度) 92,735人 32,560人 35.10%
第3回(2000年度) 128,153人 43,854人 34.20%
第2回(1999年度) 165,117人 68,090人 41.20%
第1回(1998年度) 207,080人 91,269人 44.10%

※各都道府県別・職種別の合格者数は、厚生労働省ホームページの介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況等を参照

LEC式超合理的合格作戦

一.何点を目標とするか。

満点でなく合格できる点を目的とする。合格基準点は科目別に決められる。
各科目の合格点は、以下の通りです。

分野 出題数 合格基準点 H29/合格点
①介護支援分野 25問出題中 18点 (15点)
②保健医療福祉サービス分野 35問出題中 25点 (23点)

二.どの分野で何点とるか。

分野 出題数 合格基準点 備考
①介護支援分野 25問出題中 18点
・介護保険法 12問出題 9問正解目標 細かい点の出題。
・ケアマネジメント 6問出題 6問正解目標 易しい。
・運営基準 4問出題 3問正解目標 保健医療福祉サービス分野と重なる。
②保健医療福祉
サービス分野
35問出題中 25点
保健医療分野 20問出題 13問正解目標
・医療の知識 15問出題 10問正解目標 内容が難しい。
・医療サービス 5問出題 3問正解目標 過去問の繰り返しが多い。
福祉サービス分野 15問出題 12問正解目標
・福祉の知識 7問出題 5問正解目標 暗記で正解できる。
・福祉サービス 8問出題 7問正解目標 過去問の繰り返しが多い。

三.どう勉強するか。

  1. ①過去に出題された問題を解く
  2. ②各選択肢の正誤を判断する基準の八訂基本テキストの該当箇所を探す。
  3. ③そこに線を引き覚える。その線の周辺を覚える。

上記①②③を自分一人で行なうのは非常に困難時間も非常に長くかかる。
これを具体的に説明し、合格点(満点ではない)を目指すのが、この講座一番の目的です。

講座ラインナップ

2018年試験合格向け(2018年6月収録予定)

出る順ケアマネジャー合格講座シリーズ①
これで合格!「八訂」基本テキストはこう読め!
〜基本テキストのどこをどう読むか、を教えます!〜

20時間(2.5時間×8回)の講義もついています!

テキストあり
通信WEB 29,800円(8%税込)
通信DVD 33,800円(8%税込)
約6,800円のテキスト込みでこの価格!
テキストなし
通信WEB 22,990円(8%税込)
通信DVD 26,990円(8%税込)

当講座は、一般財団法人長寿社会開発センターが出版している『「八訂]介護支援専門員基本テキスト』を使用しています。『「七訂]介護支援専門員基本テキスト』が改定され、『「八訂]介護支援専門員基本テキスト』が2018年5月末に出版予定です。

実際のケアマネジャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)は、この基本テキストから出題されるので必ず読まなければなりません。
しかし約1600ページもあり、お仕事で忙しい方には全て読むことは困難です。

そこでLECの当講座では、【どこを読めばいいのか、どこを読まなくていいのか】を説明します。
これにより、非常に合理的に短時間で合格に必要な勉強をすることができます。

PAGE TOP