スマホ学習グランプリ結果発表

スマホ学習グランプリ結果発表

スマホを活用した学習方法やオススメ学習スタイルを募集したところ、たくさんのご応募をいただきました。
誠にありがとうございました。

みなさん、それぞれ工夫しながら、スマホを使って効率的に学習を進めているようです。
ここで、皆様から寄せられたスマホを活用した学習方法・オススメ学習スタイルの一部をご紹介します。

LECのWeb講座はスマホ対応!スマホなら、スキマ時間を使っていつでもどこでも受講することができます!
投稿いただいた皆様の学習方法を参考に、LECのスマホ受講やスマホアプリ・機能を利用して
さらに効率よく学習を進めてみませんか

LECのWEB学習システム案内はこちら

皆様よりいただいたスマホを活用した学習方法やオススメ学習スタイル一覧

おすすめアプリグランプリ 結果発表

大賞

「家事の合間に。」 

ゆかっせさん(試験:行政書士)

私は、幼稚園年少の子供を持つ専業主婦です。
1回目の講義はパソコンの大きな画面でメモなどを取りながら受講していますが、2回目の復習としての講義視聴はスマホで、家事をしながら視聴しています。普段はノートパソコンを使っていますが、やはりキッチンや洗濯物干し場に持っていくのは大変です。洗濯物を干しながら講義を聴くときは、エプロンのポケットの中にいれ、洗濯機から取り込み場所を移動して、台の上にスマホを置いて、画面を時々見ながら洗濯物を干していきます。キッチンでは、水仕事や揚げ物などをしていると音が聞こえづらくなるので基本的にワイヤレスイヤホンを使います。そのほかでは、洗濯物を畳んだり、掃除をしたりしているときも聞けるので、家事の時間=勉強時間となり、とても効率よく復習できます。

視聴速度も細かく調整できるので、普段の講義は集中して聴きやすい1.4倍速できいて、メモなどに時間がかかりそうな場合は一時停止します。家事をしながら聞く場合は、作業をしながらでも理解できるように、1.2倍速で聞いています。

暖かくなったら、運動のためにウォーキングしながら視聴したいなとも考えています。
時間がたくさんあるようでなかなか勉強だけの時間を取りにくい主婦でも、スマホを利用すれば効率よく勉強できるので、本当に助かっています!

その他、ご応募いただいた方の中からその一部をご紹介します。

「講義を持ち歩く」

もっさんさん(試験:地方上級・国家一般職)

スマホ講座のすばらしいところは講義をいつでもどこでも携帯できる便利さにあると思います。

私は現在、会社を辞め、2015年度の公務員試験に向けて勉強に励んでおります。基本的な学習スタイルは、提携校への通学です。講義を受け、インプットをした後に過去問クイックマスターで問題演習をこなす日々です。

問題演習をしている時、予備校への道中の電車内、時間と場所を問わず「なんかモヤモヤする」「漠然としか理解できていない気がする」こんなことがよくあります。そんな時、私は、迷わずすぐにスマホを取り出し講座を再受講します。電車の中、トイレの中でです(笑)。スマホだからこそどこでも受けられるのです。
テキストを見直すことも大事ですが、講義を見直すことでより記憶の定着が深まります。
そのために私は、講義をはじめて受ける段階で、テキストの単元ごとに講義の時間をメモしています。例えば、憲法の講義で、国会の説明がはじまった時点でユニット番号と開始時間をKマスター書き込んでいきます。
この方法が特に有効なのが、経済科目や数的処理です。これらの科目では、解答までのプロセスの理解が特に重要になります。講義テキストを見直すだけでは暗記系科目とはちがってなかなか理解が深まりません。私はこれらの分野が特に苦手だったので、スマホ講座を何度も繰り返し見直して理解を深めました。最終的には解答プロセスを自分で説明できるくらいまでやりました。そうすることで苦手意識がだんだんなくなってきた気がします。講師の方たちが丁寧に教えてくれる講義を有効活用するために、気になったらすぐに講義を受けなおす習慣を私はおすすめします。

「10分間×∞」

☆すきま受験生☆さん(試験:弁理士)

会社に勤めながらLECの通信教材を用いて学習し、今年度合格しました。。

平日はお仕事をしながらなのでまとまった時間を作るのが難しく、「工夫すること」を常に心がけていました。
通学の時間が取れなく、参考書とwebとスマホを使用という環境です。時間がない、とは言っても休憩や通勤時間、オフロ、トイレ、許されるなら食事中・・「10分間」を捻出するのは案外たやすいことです。それを一日のまとまった時間が取れないから今日は勉強できない、ではなくて「今日の収穫がゼロではないこと」これが重要だと思います。教材に、オプションで「スマホ対応」とあれば必ず申し込み、平日はほぼスマホで学習していました。長い時間机に向かうと、時には眠気に襲われたりするものですが、せっかく捻出した「貴重な10分間」と思えば、その集中力はけっこうなものがあります。密度の高い時間を積み重ねることができるのがこの「すきま学習」そして場所を問わず行える「スマホ学習」であると思っています。アラーム機能を使い、その時間に始めたい項目を表示させていました。そしてその時間は予定通りその項目を終わらせることで、いきあたりばったりの学習に陥ることもなくなりました。

一回10分なのでマニアックなところに行き過ぎない良さもあります。10分でひとつ(例えば何条何項何号の部分)、しっかりやろうと思えば、マニアックなところまで行く余裕はないからです。そして週末は、時間が作れますので、自分の知識の穴を確認したり、全体を把握する作業にあてることができました。たとえると週末は「長距離走」平日は「短距離走」といったところです。気分転換に、平日スマホでやる内容をまとめておいたり、アラームを作ったりしていることで何度も「項目」を見ることになるので、「これから何を勉強するんだ」っていう意識付けがしっかりできるのも、ツールを使用した学習ならではの利点だと思います。

「勝手に勉強開始システム」

きらさん(試験:司法書士)

「やる気が出るのに時間が掛かりなかなか机に向かえない」「まとまった時間が作れずなかなか机に向かえない」という人でも、いつでもどこにいても自然に復習を始められるようになる仕組みです。

まず講義後にカメラ等で取込んだテキストやノートの画像をクラウド(DropBox等)に保管します。
次に送信予約メールで、それへのリンクを数日後に自分自身に送るように設定しておきます。これで準備完了。

数日後に届いたメールを開くことで復習開始です。
「メールを見る」という慣れた行動から始まる為、やる気がない時でもどこにいても驚くほど自然と復習作業へ進める事が可能となります。スマホだけでなくPCやタブレット等からも確認でき、また専用の受信フォルダを作っておけば暗記帳として後から何度も活用でき、一口で三度美味しい勉強法です。

「左手の中の勉強部屋」

さおりぱぱさん(試験:社会保険労務士)

社会人は、残業、飲み会、家族サービス等、勉強時間の確保が難しいです。そこで、私は、毎朝始発にのり、勤務先の駅ビルにあるコーヒーショップで出勤前に、モーニングを食べながらスマホで3時間勉強しています。特に、出張に行った際は、新幹線の中でもこのようにスマホを活用しています。
電源を入れたらそこが、勉強部屋。まさに、左手の中に私は勉強部屋を持っているのです。

「私のスマホ活用法」

ぶんぶんさん(試験:中小企業診断士)

私はごく一般的な会社員です。通勤や出張時の交通機関の中では、講座を音声ダウンロードしたものをスマホに入れて持ち歩きヘッドフォンで聞いています。会社の車で移動しているときはスマホをサンバイザーに引っ掛けて内臓スピーカーで流して聞くか、Bluetoothスピーカーに飛ばして聞いています。出張先のビジネスホテルでは、無料WiFiを利用して動画を見て学習しています。

「スマホ学習グランプリ」

合格製造機さん(試験:行政書士)

私は、現在福祉の分野で働かせて頂いております。
社会福祉士を2014年度の受験で合格し、今、行政書士の資格にチャレンしています。出来れば、2015年の11月8日の試験で合格出来ればと思っております。講座は行政書士パーフェクトコースで、勉強しています。通信のWEBで勉強しています。はじめはPCで受講し、1度の受講ではなかなか記憶に定着しないので、何度も時間をつくり受講していますが、当直の日は夜、空いた時間にスマホで勉強しています。最近スマホでも倍速機能で勉強できるようになり感謝しております。家ではPC,また家族で、自分以外がPCを使用しているときは、スマホまたは端末タブレットと空き時間を有効に勉強しています。また仕事の昼休みは、個室を使用できるので、お弁当を食しながら、スマホで早聞きして勉強しております。とにかくスマホの早聞きで講座を聞けるようになったことは大きいです。ありがとうございます。感謝。

「なくてはもう勉強できません」

ざっきーさん(試験:税理士)

欲しい情報をすぐに引き出せ、好きな順番で表示させることが出来るのがスマホです。
私は土日アルバイト、平日税理士試験受験生です。通信でやらせていただいています。

【スマホを使って】①欲しい情報をすぐに引き出せるので、新しい項目(自宅でWEB講義)を勉強していて前に出てきた忘れたキーワードや項目は検索機能を利用してすぐに引き出しています。②好きな順番で表示・再生出来るので、理論暗記事項等を音読しスマホで録音して好きな項目、文節で区切ってリピート再生しています。移動中にも手軽で且つ文節をリピート出来るのは暗記するのに良いです。【具体的な方法】①欲しい情報をすぐに引き出す方法:学習するにあたりとる行動は、講義→個別問題集→間違いノート→復習という過程をとるかと思います。私はテキストと個別問題集を裁断し、テキストは講義を受けながらメモやマーカーを引いてスキャン(PDF化)します。個別問題集は問題を解き、問題文や解答に直接ポイントやマーカーで添削等をしてスキャンします。その後に登場するのが、Evernoteです。PC・スマホのアプリです。1)PCでスキャンした個別問題集をEvernoteに個別問題集の順番に並べます。2)個別問題集のテーマの終わる所には対応するテキスト(PDF)を並べておきます。これでスマホのEvernoteを使ってPCで保存したテキスト等を検索することが出来ます。解いた問題の間違えた所や、問題文の注意ポイントまでチェックできます。キーワードを検索すればテキスト(PDF)の中まで検索してくれます。税理士試験は科目が分かれていますが、去年やった科目のテキストも直ぐに確認出来ます。②リピート再生:理論は音読してスマホで録音します。Audipoというアプリを使用すると簡単に短く区切れてリピート再生出来るので自宅で理論暗記から移動中と重宝しています。

「いつでもどこでも何度でも」

ごめすんさん(試験:司法書士)

私は専業受験生で、LECの司法書士講座の通信講座の音声ダウンロードデータをmicroSDに入れておくことで、いつでも聴ける状態にしています。移動時間や外出先(図書館やファミレスなど)ではイヤホン、自宅ではBluetoothスピーカーなどを用いることで臨機応変な学習スタイルで取り組んでます。現代ではスマホを活用することで学習のクオリティーが効果的に高まります。

「カフェで使用」

Qちゃんさん(試験:社会保険労務士)

会社員なので、平日はなかなか時間が取れませんが、通学日以外はなるべく帰宅前にカフェに寄って勉強するようにしています。 今まではモバイルでは操作がしにくかったため、ノートPCを使用していたのですがこの度のバージョンアップによって倍速再生が可能になったことからスマホで勉強が可能になりました。
学習スタイルとしては、映像と音声で記憶し、アウトプットを繰り返すことで暗記するようにしています。
また、エクセルに単語のまとめを作成し、科目によって意味が異なるものにも注意しています。

「与えられたものを最大に活かす」

ハリケーンソルジャーさん(試験:司法書士)

タブレットを使って実践力の学習をしています。昼間は働いているのですが、お昼休みなどに近くのベーカリーカフェの1人用のカウンターで学習しています。倍速が使えるようになったので12時に移動、パン購入、学習、13時までにオフィスに戻るというノルマがあり、毎日が勝負です。パンは定食などと違って頼んで待たなくて良いのが利点ですね。お昼休みの時間は限られているし、うまくいけば1コマの前半をこなせます。そのためには聞き洩らさないように集中が要求されるのですが、周囲の雑音など気になりません。仕事終わって、またベーカリーカフェで残りの学習をしてから帰宅します。疲れ切っていて、風呂入って寝てしまいます。このように、あまり時間的には恵まれていませんがオフィスに勉強にうってつけのカフェがあることだけは恵まれています。いろいろ望んだらキリがないので、与えられた環境で頑張ろうと思います。

「スマホでスキマ学習法!」

ぴょんさん(試験:公認会計士)

現在受験勉強に専念しながら、会計事務所でパート勤務をしております。普段は出来る限り通学で生講義に出席しておりますが、どうしても講義に行けない時、また既に開講されてしまった講義を視聴したい時に、online studyがとっても重宝します。私は主に、勤務先での休憩時間に授業をみています。自分の都合でササっと準備出来てしまうため、場所を選ばず友達との待ち合わせ等、次の予定の時間までちょっとだけ、ということが可能なので、スキマ時間をムダなく使う事が出来るようになりました。元々、まとまった時間がないと学習に集中して取り組めないタイプだと思っていたのですが、空いた時間に少しづつ積み上げていく事が出来るため、学習時間も以前より確保出来ています。手軽なので、今後は行き帰りの電車の中で、復習がてら講義を再視聴してみようかなと考えております!

「いつでもどこでも過去問!毎日10問コツコツと!」

kashiyeさん(試験:司法書士)

社会人で、佐々木先生の生クラス受講生です。まず、過去問を断裁の上PDFにします。次にPCにDocuWorks(体験版あり)をインストールしPDFをDocuWorksデータにした上で、直近から15年分のみピックアップし科目ごとのファイルを作成します。この時に「日付と○」、「日付と×」などのスタンプも作っておきます。このファイルをスマホアプリのDocuWorks Viewer Light Biz で読み込みます。必要な分だけの過去問をやり、その履歴もきちんと残せますよ。

「区分所有法条文音読」

たかけんさん(試験:マンション管理士・管理業務主任者)

区分所有法を自分で読み音読したものを繰り返し聞く。更にPDFで画面に表示する。
区分所有法の理解はマンション管理士や管理業務主任者では必須項目。一度写して書いたくらいではなかなか頭に入らない。でも自分で音声を吹き込んで音読し録音したものを繰り返した聞くことにより少しずつ頭にインプットされる。
さらに条文を画面に表示しながら聞けばいいしインターネットの区分所有法のかいせつ画面を見ながら聞けば更に効果的。これで2016年の合格はOK?

<掲載内容について>

  • ※本ページのスマホを活用した学習方法やオススメ学習スタイル等はご応募いただいた内容を掲載しています。各情報についてLECが保障するものでは一切ありません。
  • ※掲載されているスマホ機能や各アプリの内容・使用方法・インストール方法・動作環境等LECでは一切回答できません。
  • ※本ページ掲載の情報及び、アプリのインストール・利用等、第三者が運営するサイト・サービスによって生じた損害等について、LECは一切の補償・関与をいたしません。サービス利用者ご自身の判断でご利用ください。

<タブレット端末について>

  • ※選考については、対象者の中から弊社にて厳正なる審査の上、募集の目的との適合性等を基準に独自の裁量で決定します。なお、選考基準・対象の有無・応募者数などの状況や結果等選考に関するお問い合わせには一切応じることはできませんので予めご了承ください。
  • ※進呈するタブレット端末は、LEC OnlineStudy SPの動作を保障するものではありません。予めご了承ください。
  • ※タブレット端末のメーカー・型・色等の指定は一切できません(クリスマスキャンペーンにて進呈予定のタブレットコンパクトとは異なる予定です)。当選者への発送は、2015年3月中旬以降を予定しております(状況により発送時期が前後する場合がございます)。なお、特典の発送は日本国内のみとなります。予めご了承ください。
  • ※在庫状況やその他の諸事情により、事前の予告なく他の特典に変更させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
  • ※現金・その他特典との交換はできません。予めご了承下さい。

<特典ポイントについて>

  • ※特典ポイント付与は、「タブレット端末」当選者を除く、有効な応募者が対象となります。
  • ※対象者への特典ポイント付与は、2015年2月25日(水)18:00以降を予定しています。
  • ※特典ポイントの有効期限は、2015年4月25日(土)23:59までとなります。期限を過ぎると自動削除となります。
  • ※現金・その他特典との交換はできません。予めご了承下さい。