LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第14弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第14弾募集テーマ「受験にまつわる、私の自慢」エピソード 各賞結果発表!!

Myエピソード 第14弾 最優秀賞・優秀賞作品

佳作 ひろろさん

「9ヶ月で1次突破」

目指す資格:
中小企業診断士

中小企業診断士の教材が届いた時は3年計画を覚悟しましたが、奇跡的に1次試験を9ヶ月で一発合格しました!合格の秘訣は、通勤時間や歩いている時間などを有効活用して、100%覚えない60%の点が取れる勉強法にあったと思います。会社はいつも帰りは22時、インターネット大学にも通いながらの一発合格だったので個人的にもびっくりです。。お陰で二次試験は散々でしたが・・次は二次試験合格めざしてチャレンジし続けます。

中小企業診断士とは、どんな資格・試験!?
中小企業経営に対しての指導・助言を主に行ない、コンサルティングに携わる唯一の国家資格です

ページTOPへ

佳作 こむこむこむさん

「2年越しで追い抜いた」

目指す資格:
社会保険労務士

私のエピソードは資格ではなく、誰もが経験する受験についてです。

高校生の時でした。第一志望の大学に落ちてしまいました。目の前が真っ暗になって、友達と一緒にその大学に行けない悔しさで熱を出してしまいました。結局、我が家が資金なんだったこともあり、第2希望の大学に行かざるを得ませんでした。

大学生活は新しい友達ができましたが、やはり「心に残る何か」があって楽しめませんでした。結局、私は「大学3年次編入」を目指して、猛勉強を始めました。編入試験は、普段の成績が良くなければ合格できず、さらに当日の試験も今から思えば無謀と思えるほど難しいものです。

ですが、悔しくて悔しくて忘れられず、毎日、夜10時まで学校にいて、家に帰っても必死に勉強しました。

大学2年生の時、第一志望の大学の編入試験の前に難関の、自分には身分不相応な大学の試験がありました。1週間で結果が分かる、ということで、ためしに受験してみました。

受験の問題は本当に難しかったです。ですが、必死に2年間頑張ったせいか、できないことはありませんでした。

その1週間後です。その大学から、合格通知が来たのです!現役時代は、全く考えていなかったぐらいレベルの高い大学です。合格通知を見て、飛び上がるほど嬉しくなって、その日はコンビニにお寿司を買いに行った記憶があります。

結局、その大学に行くことにして、第一志望の大学を受験することはやめました。母校に帰って恩師に報告したら「よかったな!一段と成長したな!」と先生が褒めてくれました。

最後になりますが、誰もが、人生にどこかに置き忘れたものが存在すると思います。忘れるのも一つの手なのかもしれません。

私は、忘れることができず、無我夢中で追いかけて、掴むことができました。あの若き頃を忘れないように生きることが、自分の誇りであり、唯一の自慢です。

社会保険労務士とは、どんな資格・試験!?
人事・労務・年金問題を解決するスペシャリスト時代が求める要請に応じることのできる資格!

ページTOPへ

佳作 kurodoraさん

「汚い消しゴム」

目指す資格:
弁理士

受験というものを初めて経験したのは高校入試だった。時間配分も分からず、合格したいという気持ちだけで解答を書いては何度も消して、どうにか答案を完成させた。今思えば、必死だったことだけは確かだ。その必死だった気持ちが通じたのか合格することができた。

その時に使っていた消しゴムを縁起物として捨てずに持っている。今では、その消しゴムも角は丸まり、汚れてしまっている。この消しゴムを見るたびに、合格したい気持ちだけで勉強し、受験した当時のことを思い出す。今でも試験の時は、この汚い消しゴムを持って行き、無我夢中で解答したことを思い出すようにしている。合格したいという気持ちを忘れないようにするために、汚い消しゴムは大切なアイテムとなった。

初心を思い出せる、そんなアイテムがあることを自慢に思う。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

佳作 ぽっきーさん

「10cmの鉛筆」

目指す資格:
弁理士

私のペンケースには15年程使っている3本の鉛筆が入っています。高校入試用にと母からプレゼントされた無地の鉛筆です。今では10cm程の長さになり汚れて傷だらけです。これらは高校入試だけでなく、大学入試、就職試験、そして色々な資格試験を私と共に戦ってきてくれました。社会人になった今でもこの3本の鉛筆は年々短くなり、汚れも傷も増えています。試験をずっと共にしたこの鉛筆で今年も弁理士試験を戦います。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

ページTOPへ