LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第14弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第14弾募集テーマ「受験にまつわる、私の自慢」エピソード 各賞結果発表!!

Myエピソード 第14弾 最優秀賞・優秀賞作品

最優秀賞 駅のお掃除屋さんさん

「ちょっと変わったお掃除屋さん!?」

目指す資格:
社会保険労務士

大学時代から数年間、旧司法試験を受験していましたが、択一試験すら合格できない状態でした。

特に受験最後の年には散々な結果になってしまったため司法試験自体を諦めましたが、精神的に楽になったと同時にヤケクソになりました。

もっと取りやすい資格で合格できなければ、ましてや司法試験の択一試験に合格することなんてあり得ないと考えたからです。

そこで、宅建を受験しようと考えました。

でも、このとき大学院の修士課程にいたため、日々の課題に追われて宅建のことなどすっかり忘れ、そして気づくと10月。

残り2週間しかないと知り、慌てて受験勉強を開始しました。

最短で合格するために考えたことは、満点を狙うのではなく、合格点を狙うことでした。

それなりに得点できる権利関係は9割近く得点し、宅建業法で7〜8割程度、法令上の制限は出やすい科目だけを押さえて最低でも4割得点し、最後の一般常識で5問中3〜4問得点して、全体で35点を狙うと決めました。

勉強方法は、1週間は通学の電車でテキストに目を通し、ラスト1週間は授業の合間を縫って暗記すべきポイントを何回も目を通して覚え、試験前日に土地白書の概要版をインターネットでダウンロードして読みました。

その結果、狙い通り34点を取って合格することができました。

一夜漬け的な勉強方法は褒められたものではないかもしれませんが、試験対策としては理想的だったと思います。

それ以降、海事代理士や行政書士などを取得し、現在は民間資格含めて8個になりました。

今は行政書士として登録し、勉強を続ける傍らちょっとばかり名の知られている駅のお掃除会社に勤めています。

「お掃除をしている行政書士」という変わった組み合わせが自分では面白いと思っているのですが、同僚には建築士資格を持っている人、ファーストフード店で店長だった人、自営業と兼務している人、企業の重役だった人、不動産業を始めて成功させた人などいろんな経験をしている人達がいて、良い刺激をもらっています。

目標は社労士ですが、仕事のおもしろさや奥深さに魅せられ、密かにビルクリーニング技能士も取りたい!と思っています。

社会保険労務士とは、どんな資格・試験!?
人事・労務・年金問題を解決するスペシャリスト時代が求める要請に応じることのできる資格!

ページTOPへ

優秀賞 そんぐさん

「なんでもかんでも」

目指す資格:
司法書士

いわゆる資格マニアというわけではありませんが、「資格はいくら持っても重い物ではない。できるときにこそチャレンジすべき」という恩師の言葉を励みに今までいろいろな資格試験に挑戦してきました。中小企業診断士や日商簿記といった「経営系」のみならず、ビジネス実務法務、さらには消費生活アドバイザーや初級シスアドといった資格まで現在保有するに至っています。妻からは「あなたは一体何がやりたいの?」「いくら資格を取っても、社会人生活や実生活に生かし切っていない」と痛烈に批判されています。自分でもいろいろと手を広げすぎているかもしれないなあ、と思うときもあります。しかし、母がガンを患い手術をした最近になって、「勉強することが自分の生きている証なのではないか」と考えるようになりました。「勉強が自由にできる幸せ」と言葉にすれば簡単ですが、やはりかみしめなくてはいけないな、と。これからは今まで以上に「なんでもかんでも」貪欲に挑戦していきたいと思います。

司法書士とは、どんな資格・試験!?
登記業務・訴訟代理業務・成年後見業務など社会が求める専門性の高い資格

ページTOPへ

優秀賞 びんぼっちゃまさん

「100円ランチ」

目指す資格:
公認会計士

昨年退職し、専業受験生となりました。

それまでの私は人一倍甘ちゃんでしたが、 受験がきっかけで大きく変わることができました。

何より一番変わったのは金銭感覚。

社会人してる頃は人よりいい車に乗りたい。いい服を着てたい。いいものを喰いたい。

そんな贅沢病に侵され、毎日湯水のごとく金を使っていました。

ところが今はどうでしょう。

なんと毎日、一日100円しか使いません。

嘘つけこの野郎って思われるとは思いますが、 なんとこれマジバナです!

私は毎日朝から晩まで、大学の図書館で勉強しています。

毎日通う理由としては、もちろん環境がいいからってのもありますが、一番は、なんとお昼が100円で食べれてしまうからです。

と言っても、一般的な学食は最低250円はします。

私の場合は100円のサラダバーで腹を満たします。

一種の裏技みたいなもんであります。

毎日サラダばかり食べているので、最初は女子大生に笑われて恥ずかしかったのですが、今では笑われることに快感すら覚えています。

『ボロは着てても心は錦』

死んだ婆ちゃんがよく言ってましたが、今頃になって「ほんとだなぁ」って実感してます。

今は毎日お小遣い100円生活で乗り切り、会計士になったらまた贅沢しまくってやろうと思っています(笑)

30超えると人はなかなか変われないって言いますが、あれは嘘ですね。

まぁ追い込まれれるので変わらざるを得なかったというのもありますが、 人はいくつになっても気持ち次第で良くも悪くも変われるんですね。

ってなわけで、30過ぎのオヤジでありながら、"一日のお小遣い100円"、小学生以下。

これが私の自慢です。

我が人生において、最初で最後の本気受験生活。

悔いを残さぬよう、引き続き極貧生活を楽しんでやりたいと思います。

公認会計士とは、どんな資格・試験!?
財務・会計のスペシャリスト!常に新しい人材の確保が叫ばれています!

ページTOPへ

優秀賞 山田太郎さん

「成績表」

目指す資格:
公認会計士

レックの模試の成績表。

高得点者はWEBにて名前が記載されることになっている。

先日の模試でその成績表に名前入りで載ることができた。これはホントにモチベーションアップにつながった。

自分はできる、そして今までやってきたことは間違ってなかったんだと気づかせてくれた。

今後の模試でも上位層に食い込んで、名前を載せようと日々頑張っているところである。

公認会計士とは、どんな資格・試験!?
財務・会計のスペシャリスト!常に新しい人材の確保が叫ばれています!

ページTOPへ

ページTOPへ