LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第13弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第13弾募集テーマ「2010年いちばん頑張ったこと」エピソード 各賞結果発表!!

Myエピソード 第13弾 最優秀賞・優秀賞作品

最優秀賞 こまっちさん

「新しい家庭をもって」

目指す資格:
行政書士
頑張ったこと:
家庭と仕事

昨年の12月に結婚しました。妻の義父は行政書士(社労士)で、結婚を機に事務所へ転職しました。
それまでは営業職で全くの異業種でした。
義父は明言しなかったものの事務所の後継者がなく、もう事務所を閉めて余生を送りたいと考えていたようで、私が事務所に入り資格を取って後を継ぎます、と宣言した時は大変喜んでくれました。
私が事務所に勤めてすぐ、職員が2名退職し、人が少ない中で必死に仕事を覚えようと毎日を送りました。
その中で資格を取得すべく行政書士の講座に通い勉強をしましたが、勉強時間を確保することができず、講座もなかなか通えないくなってしまいました。
妻も同じ事務所で働いていますが、2人とも勉強時間がとれず、何もかもがうまくいかなくなっていた時、2人で相談をし、まずは私が勉強をがんばり、妻は家庭を頑張ると役割を分担することにしました。
それからは、仕事が終わったのち妻がLECへの送迎をしてくれ、私は平日も自習室に通い勉強を続けることができました。
遅れを挽回することは残念ながらできませんでしたが、勉強の楽しさや、継続性を見出すことができ、次につながる自信を得ることができました。
妻があの時家庭を守ると言ってくれなかったら今の私はいなかったと思います。

来年は社会保険労務士の資格をとるべく再び挑戦を始めています。
来年こそは義父に吉報を届け事務所発展のために頑張ります。

行政書士とは、どんな資格・試験!?
事務所運営から専門的業務まで幅広くで活躍できる「身近な法律家」

ページTOPへ

優秀賞 すてぃっちさん

「長く助走をとった方が、より遠くへ飛べる」

目指す資格:
公認会計士
頑張ったこと:
資格取得の勉強・受験

「後悔なら100回でも200回でもすればいい。でも、たった1回でも諦めたら全てがゼロになる」
私の部屋の至るところに貼ってある言葉だ。

−−2010年12月12日。
短答の解答速報を見て、悔しくて、情けなくて泣いた。

働きながら会計士受験を決意し、この1年、多くの欲求と闘い、たくさんのことを犠牲にし、
平日は5〜6時間ほど、休日は丸1日の勉強時間を確保し、
自分の人生の中で1番勉強をしたと言い切れるくらい頑張ってきた。

それでも、短答試験を受験することすらできなかった。
LECのホームページで解答速報を見たとき、
スタート地点に立てなかった悔しさや不甲斐なさ・・・、いろんなものが一気にこみあげてきた。

と同時に、これ以上、何をどうやって頑張ればいいのかが分からなくなり、
これが自分の限界だと、受験を断念しようとさえ考えた。

そんな私を見かねた友人が、「後悔なら100回でも200回でも好きなだけすればいい。でもね、たった1回でも諦めたら全てがゼロになるんだよ。それでいいの?」と叱ってくれた。

友人の言葉は、揺らいでいた私の胸にグサッと突き刺さり、12月短答は「失敗」ではなく2011年の会計士試験合格への単なる「助走」に過ぎないんだ、と自分に言い聞かせ、気持ちを切り替えることができた。
また、1人で勉強をしているのではなく、いろんな人に支えられているんだ、ということも改めて実感することができた。

2010年は、勉強をいちばん頑張って、他の受験生よりも長く「助走」をとることができたので、
2011年は、その分、高く遠くへ飛んで合格できるように今年以上に頑張りたい。

公認会計士とは、どんな資格・試験!?
財務・会計のスペシャリスト!常に新しい人材の確保が叫ばれています!

ページTOPへ

優秀賞 むっちゃんさん

「仕事と家族と自分」

目指す資格:
社会保険労務士
頑張ったこと:
仕事

今年一番頑張ったことは仕事のやり方、考え方を変えたことです。今年1月に仕事の転勤に伴い、福岡から神奈川までやってきました。新しい土地、新しい仕事とやりがいもありましたが体も心も大変負担を感じた一年でした。当然家族との時間は蔑ろになり妻、子供ともゆっくりした時間がとれず夜中に帰っては子供の寝た顔だけしか見れずという日々が続きました。妻も知らない土地でストレスを感じていくようになり次第に家族の歯車がかみ合わなくなってきているように感じてました。朝から晩まで仕事に行って休みの日も仕事のことを考える。こんな日々が続いたある日妻から「仕事だけしていれば」と諦めモードで言い放たれました。
ふと立ち止まって見ると自分の後ろの何も残っていないことを感じました。せっかく家族がいるのに今のままだと同じ事を何十年も繰り返し結果何も残らないと感じました。
「もっと仕事も家族も自分も楽しもう」と考え始めまず残業と仕事の持ち帰りも止めました。当然仕事時間は減りますのでいかに効率よく仕事を組みやらないと同じこと、それ以上はできません。でも無駄はいっぱいあるんですね。仕事を逆算で考え仕事のやりかた、スケジュール管理等仕事のスキルが上がったと思ってます。残業を止めたことで自分への投資の時間と家族の時間を増やそうと考えました。実は自分への投資が社労士受験への挑戦です。今携わっている仕事の延長にありますので将来的なスキルとして是非合格できるように勉強していきます。

そして家族の時間は子供のお風呂を入れるのと妻との談笑の時間を毎日取るようにしています。

社会保険労務士とは、どんな資格・試験!?
人事・労務・年金問題を解決するスペシャリスト時代が求める要請に応じることのできる資格!

ページTOPへ

優秀賞 常に前向きでありたい!さん

「転職先の仕事と勉強の両立」

目指す資格:
税理士
頑張ったこと:
就職・転職

今年頑張ったことは転職先の業務と資格試験の勉強の両立。
2010年が始まったころ、以前いた職場での正社員登用の話があり、新たに経理関連の仕事も付加されることということになった。
ところが、本社が中途採用の見合わせを決断し、話はとん挫。私は、正社員登用どころか、その会社での居場所を失いかねないピンチに陥った。
正社員登用の話があった時点で、久しぶりにLECの門をたたいて簿記や税理士の勉強を始めていた。そして経理分野にも興味を持っていただけに、本当にショックだった。
世間では有期雇用は不安定だとはいわれていたが、身をもって感じた不安定さにこれではいけないと、転職。転職先の業務は経理とは関係ないが、とてもやりがいのある業務。簿記や税理士の勉強と両立するか、業務に没頭するか悩んだ。
そんなときチェンジ割で賞をいただきポイントを得た。背中を押されたような気がして両立を決断した。
とはいえ、ただでさえ、仕事と勉強の両立の道のりは簡単ではない。それが、新しい仕事を覚えつつ、資格の勉強も・・・となると、想像以上の難しさ。
仕事の充実とは反比例にぱっとしないテストの成績、たまる復習・・・。
それでもなんとか食らいついて必死に頑張った。
当初は、経理とは関係ないと思っていた今の業務も、徐々に数字的に理解できるようになってきた。
先日あった昇給テストで、あらためて両立していてよかったと感じることができた。
2011年もチャンスある限り、挑戦し続ける道を選択したいと思っている。

税理士とは、どんな資格・試験!?
人々の大切な財産を守ることのできる専門職!

ページTOPへ

ページTOPへ