LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第11弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第11弾募集テーマは「受験にまつわる私の成長」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第11弾 最優秀賞・優秀賞作品

最優秀賞 甲野商事さん

「受験にまつわる私の成長」

目指す資格:
司法試験・法科大学院

私は数年前に司法書士試験に合格し、最近某難関私立法科大学院既修者コースに合格しました。現在国立法科大学院を目指して勉強中です。

数年前のある日、私はサラリーマン生活に虚無感を覚え、やりがいがありそうな司法書士を目指すことにしました。私は法学部出身ではなく法律は素人でしたので、いきなり司法試験を目指そうとは思いませんでした。

司法書士は某予備校のT先生の講座を働きながらまじめにこなし、一年程の勉強で一発合格できました。その後司法書士として数年働き同年代の平均年収よりはだいぶ稼げるようになりました。

しかし、司法書士ではどうしても弁護士には勝てません。特に訴訟業務に携わると弁護士との差は歴然です。そこで私は法曹を目指すことにしました。  法科大学院入学は司法書士とは比較にならない程簡単ですが、上位法科大学院の既修者入試合格はそうはいかないと考え、仕事をやめ予備校を利用して勉学に専念することにしました。司法書士の蓄積があるとはいえ、法学論文試験で求められる能力は別と考えたからです。そこで、LECの柴田先生の入門講座を受けることにしました。

入門講座が終わらない段階で一個受けて玉砕しましたが、講座が終わってから復習をきちんとして、受けたところ無事合格できました。柴田先生のおかげです。

目標を持ち、それに向けて真摯に努力しながら生き、さらに結果を出していけば、自ずと人間として外面的にも内面的にも成長できるものと思います。外面的な成長は結果を見れば明らかですが、内面的な成長は感覚的なもので、あの頃より成長したなと自分で思えれば成長したことになるのでしょう。私は目標に向けて努力している最中ですので、過去を振り返って成長したなと思える心境には至っておりませんが、それは正常な感覚だと思っています。自分はまだまだだと思って努力することが人間のあるべき姿だと思います。

司法試験・法科大学院とは、どんな資格・試験!?
法律のスペシャリスト!弁護士・検察官・裁判官!法律家への道

ページTOPへ

優秀賞 stichさん

「勉強スタイルの改革」

目指す資格:
弁理士

今から二年前、上京してからまわりに友達もいなく 仕事もうまくいかず、時間だけがむなしく過ぎていく、そんな日々が 続いていました。このままではどんどんだめになりそうで、難関資格の弁理士試験に挑むことに決意しました。 その結果、二回短答不合格。

二回目の短答試験速報会で人気講師の先生方から 入門からやり直すことを勧められました。 正直、はじめからやり直すことはプライドもあり なかなか受け付けられませんでした。

しかし、何が原因かを突き止めるためには ある程度の覚悟をもたなければならないと思い、入門講座の門をたたきました。

今、このエピソードを書いているのは、その入門講座が終わって間もない のですが、結論として入門からやり直して大正解だと心から感じています。 先生に毎回質問することを目標として以下のことに気をつけました。 毎回の講義で疑問に思ったことをメモし 次回の講義までに自分で解決できる質問と解決できない質問を仕分けて 質問の順番や構成などを考える。 そうすることで必然的に今まで覚えられなかったことが定着していることに 途中から気づきました。

これまでは先生の講座をきくだけの受身の姿勢だったのが いつのまにか積極的に勉強できるようになったのです。

これにはもうひとつ重要な要素がありました。 それは受験仲間ができたことです。

はじめは声をかけづらかったのですが勇気を出して 声をかけると、実はむこうも同じ気持ちだったようで すぐに打ち解けました。

先生や仲間がいたからこそ これまでとは違った勉強スタイルを気づけたと思います。 これからさらに競争率が激化することが予想されますが 今のスタイルを完全に貫くことで突破できると確信しています。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

優秀賞 emoy・memoryさん

「資格が資格を呼んで」

目指す資格:
公認会計士

今から15年ほど前、会社の派遣でMBAをとって帰国。さあ、アメリカで学んだことを活かすぞと意気込んでみたものの、英語で学んだ内容はいざ実践で活かそうとするとなかなか難しく、そのままではどうにも会社で活かせそうにない!そこで初めての資格としてチャレンジしたのが中小企業診断士でした。

ベースはMBAの勉強であったものの日本語で読み、日本語で考えることにより理解が深まり社内で営業企画のセクションにいたのですが、マーケティング、会計、財務、オペレーション等を総合的に考えることが可能になり様々な提案を受け入れてもらえるようになりました。このとき身に着けた細切れ時間活用術のおかげで、その後社会保険労務士、米国公認会計士、証券アナリスト1次の資格もゲット。

多面的に物事を捕らえることが可能になり仕事で活躍する場が増えただけでなく、生涯付き合える学ぶ習慣が身についたと思っています。

公認会計士とは、どんな資格・試験!?
財務・会計のスペシャリスト!常に新しい人材の確保が叫ばれています!

ページTOPへ

優秀賞 ひかりさん

「餅は餅屋」

目指す資格:
司法試験・法科大学院

勉強は努力した分だけ報われる。 ずっとそう信じていました。 司法試験を目指そうとしたときにも、人よりがんばれば人よりいい点が取れて合格できるはずと信じていました。

特に勉強開始当初は気合が入っているので本をたくさん買い込んで必死で勉強しました。 ある程度独学で勉強してからLECの講義を受けてみたところ、驚いたことに自分が本を読みながら必死で整理した図表がもっと分かりやすい形で整理されて説明されていたのです。

人間一人の努力なんて所詮限界があります。 その道のプロが集まって長年にわたって構築してきたノウハウを初学者がちょっと努力したぐらいで超えられるわけがありません。

目標を早く確実に達成するためには、利用すべきものはしなくてはいけないということがよくわかりました。 恥ずかしながら、そのとき初めて社会はそうやって成り立っているということに気づいたのです。 考えてみれば私が目指している弁護士も結局は同じ構図です。

一般市民が自分の代わりに法律のプロを利用することで目標を達成するわけですから。 そのことに気づけたおかげで、よりいっそう、名実ともにプロの法律家になろうという気持ちが強くなりました。 漠然としていた将来の目標を現実のものとして考えられるようになったのは受験生活で得た大きな成長だと思います。

司法試験・法科大学院とは、どんな資格・試験!?
法律のスペシャリスト!弁護士・検察官・裁判官!法律家への道

ページTOPへ

ページTOPへ