LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第9弾 佳作作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第9弾募集テーマは「受験生と家族」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第9弾 佳作作品

佳作 はそおさん

「娘の見本になる」

目指す資格:
宅建

高校生になる娘には厳しく、教育していますが、その手本となる努力している姿は、なかなか見せられません。
専門外である宅建にあえて挑戦し、努力は人を裏切らないということを見せてやりたいと思って取り組んでいます。仕事をしながら、決して楽な試験ではありませんが、背中を見て育ってほしい。そんな思いで資格試験に挑戦していきます。

宅建とは、どんな資格・試験!?
時代に左右されない就職・転職に強い、「住」のプロフェッショナル

ページTOPへ

佳作 過去問第一主義さん

「子供の勉強の指導」

目指す資格:
中小企業診断士

子供が昨年の中学受験で小学校3年から塾に通っていました。わからない点は家で私が教えていました。LECで診断士の受験勉強をしていたおかげで受験勉強の方法を教えることができたと思います。たとえば、過去問の勉強方法。繰り返し解くことで本番の応用力がつきます。いろんな問題に手をつけるのではなく1つの問題集を深く掘り下げる。また、何より試験に対するアレルギーがなくなったこと。試験はやればできるものであること。LECで学んだ、試験勉強の方法は家族にも役立っています。

中小企業診断士とは、どんな資格・試験!?
中小企業経営に対しての指導・助言を主に行ない、コンサルティングに携わる唯一の国家資格です

ページTOPへ

佳作 番頭さん

「家族の応援のおかげで学ばせてもらっています」

目指す資格:
日商簿記

私は現在LECの簿記講座を受講しています。当初は通信で学習を始めましたが、なかなか学習ペースが掴めなかったり、モチベーションが続かなかったりしていたので、途中から生クラスの受講を考え始めました。教室では適度な緊張感があり、決まったペースで学習が出来ます。また先生へ直接質問できたり、他の受講生さんとの良い刺激も得られるなど多くのメリットがあります。と同時に、生クラスに参加すると、家族との時間を犠牲にしないといけないというジレンマもありました。

思い切って家族に相談すると「せっかくなんだから参加してみたら」とありがたい言葉を掛けてくれました。
すぐに受講手続きを取り、生クラスに参加しました。やはり先生から直接指導いただけると理解もしやすいですし、「家族からの応援があってここに来ているんだ」と思うと、自然と受ける講義にも気合いが入ります。
今学ばせてもらえているのは、家族の応援があってこそだ!と実感している日々です。

日商簿記とは、どんな資格・試験!?
企業に就職しようとするビジネスパーソンに必要不可欠な能力

ページTOPへ

佳作 kurodoraさん

「続けることの大切さ」

目指す資格:
弁理士

父は寡黙な人だ。「勉強しろ」とか「立派な人間になれ」などと言ったこともない。ただ唯一、私が高校生の時に、「税理士になってくれたら嬉しい」と一言だけ言ったことがあった。

大学に入学し、父を喜ばせようと税理士試験の勉強を始めた。入学祝いにもらった図書券は全て参考書のために使った。私の大学生活は税理士試験の勉強と共に始まった。しかし、そんな生活はすぐに終わってしまう。大学には楽しいことが沢山あり、次第に普通の大学生になっていった。参考書は机の上に山積みとなり放置したままとなった。父を喜ばせることもできず、大学を卒業し普通の社会人になった。

社会人になってから弁理士になりたいと思うようになった。父に弁理士になりたいと話すと、「最後まで続けろ」と一言だけ言われた。税理士試験を中途半端に終わらせ、戒めや諦めの意味で言ったのかもしれない。しかし、それだけでなく、日々の積み重ねが如何に大変かを伝えたかったのだろう。弁理士試験の勉強を始めると、続けることの難しさを実感した。合格だけを目指すのではなく、一生の仕事として続けることの大切さも言いたかったのかもしれない。だからこそ「合格するように頑張れ」などとは言わなかったのだと思う。寡黙な父だからこそ、「最後まで続けろ」という一言に重みがあった。

今は、合格した時に父が喜んでくれる姿を想像しながら勉強している。父の言葉の重みを感じ、中途半端に終わらせないよう続けていきたい。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

ページTOPへ