LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第9弾 佳作作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第9弾募集テーマは「受験生と家族」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第9弾 佳作作品

佳作 ひらめさん

「子どもが生まれて。」

目指す資格:
FP

昨年の年末から今年の年始にかけての話です。
この1月に子どもが生まれました。
妻は出産に伴い産前の2ヶ月と産後の1ヶ月を実家へ帰っていました。
私はその間、久しぶりの一人暮らしでした。
仕事も忙しかったですが、少しまとまった時間ができたのでこの機会に「何か形に残るもの」と考え、簿記の勉強をはじめました。

しかし、仕事から帰ると深夜だったり、忘年会などの誘惑もあり、なかなか勉強ははかどりませんでした。
そのような中、試験の少し前には出産に立ち会いました。早朝の出産だったため、夜通しの立会いとなりました。可愛いわが子との感動の出会いが体験できました。これを機に少し下がっていたモチベーションも回復し、「やるからには」の考えの下、試験直前は寝る間も惜しみ勉強をしました。トータルでは少し勉強時間が足りず、テキストをすべてこなしきれませんでしたがチャレンジ精神で受検しました。
結果は、70点ボーダーのところ71点で合格できました。
この結果をもたらした一つの要因として、大切な家族と会えない寂しさを勉強へと転換できたからだと思います。家族の存在はとても大きなものだなぁ、と感じた受検結果でした。このエピソードは子どもが大きくなった時にも伝えたいと思います。
そして、ゆくゆくは子どもの勉強を見つつ、自身も一緒に勉強をして他の資格にも挑戦していこうと考えています。

FPとは、どんな資格・試験!?
自己資産運用、独立、企業内FP等、身近な家計見直しからFPビジネスまで大きく拡がる資格!

ページTOPへ

佳作 ひななさん

「宅建を目指す父と娘」

目指す資格:
マンション管理士・管理業務主任者

父の仕事の関係で、宅建目指してみては?という勧めから、
昨年7月から10月中旬の宅建試験を目指して、
勉強を開始した私。

父は仕事で不動産関係の実務をやっており、
受験勉強に有利と思われていた。

私は、1からのスタート。
もちろん、法律の民法のいろはのいからスタート。

最初は、父のほうが、有利な環境で進められたのだが、
やはり父の仕事の忙しさ、接待等で、父は勉強時間を作れない時間が続いた。

私は、その分、LECの先生に教えていただいたスキマ学習や、
土日、平日の夜に時間を注ぎ、
見事、合格することができた。

ウォーク問を見せ合ったり、
模擬テストの結果を二人で競ったり、
近くに試験仲間がいたから、頑張れた。

今年は、父が宅建にリベンジ。
私は、LECからの勧めで始めたマンション管理士の初試験!

2人とも、合格することを祈っています。

マンション管理士とは、どんな資格・試験!?
管理組合や区分所有者にとって頼れるアドバイザー

ページTOPへ

佳作 ぷうさん

「恩返し」

目指す資格:
公認会計士

理系の大学に通っていた私は大学を中退した。憧れの公認会計士になりたかったためである。
そのまま大学に通い続けていれば将来が保障されていたのにと、周りの人間に大反対された。
それでも公認会計士になりたいという気持ちは抑えられず、今はフリーターをしながら、おしゃれや遊ぶこともほとんどすることなく毎日勉強に明け暮れている。

私みたいな人間を理解してくれる人は誰もいないだろう、大学を辞めてからずっとそう思っていた。
しかしこの間、大反対をしていた親が突然お守りをくれた。わざわざ飛行機で行くほどの遠出をして買ってきてくれたのだ。この一年の頑張りでやっと私のことを認めてくれたそうだ。親には散々迷惑をかけたため認めてくれるなんて思いもしなかったからか、ものすごく嬉しかった。このとき、私は始めて親に恩返しをしたいと思った。早く公認会計士になって恩返しできるように今以上にがんばろうと強く決意した。努力していればいつかみんなにだって理解してもらえる、そんな気がした。

公認会計士とは、どんな資格・試験!?
財務・会計のスペシャリスト!常に新しい人材の確保が叫ばれています!

ページTOPへ

佳作 Henyさん

「娘と同じ目線で・・・。」

目指す資格:
行政書士

今春、娘が小学校に入学した。
平日は仕事で忙しく、娘を見るのは寝顔のみ。
朝も私が出勤する頃には、まだ寝息を立てている。

これまで、勉強する時間は、静寂に包まれ、鳥の声が聞こえる早朝にしてきた。
ある朝、私がいつものようにリビングで勉強をはじめようとすると、階段を下りてくる足音が聞こえた。
パッと振り向くと、まだねぼけまなこの娘の姿が・・・。
筆箱とノートらしきものを持って、「パパ、私も勉強する。」と一言。
どうやら家内が、私が朝に勉強しているのを教えていたらしい。
この日から、娘と二人での早朝学習がスタート!
「これは、どうやって書くの?」「パパ、いっしょに文を作って!」
今まで平日に話す機会がなかった、大切な時間を“勉強する”ことを通して、持つことができるようになった。
一人で勉強できなくなったため、“集中力”は失ったが、これ以上ない産物として、娘との“絆”を手に入れることができた。

では、集中力は失ったままでいいのかって?
答えは・・・。No!!

「二兎を追う者は二兎をも得る」気持ちで30分早く起きて、集中力を取り戻すようにしている。

行政書士とは、どんな資格・試験!?
事務所運営から専門的業務まで幅広くで活躍できる「身近な法律家」

ページTOPへ

佳作 もっしっしさん

「定年後」

目指す資格:
行政書士

僕の親はあと2年ほどで定年を迎えます。
最近親がよく言う言葉は、
「オレが定年になったらオレを使ってくれよ」
です。
「お金も多少なら出す」
と、まんざら冗談でもなさそうです。

だから僕は必ず今年行政書士試験に合格し、自分の事務所を持ちたいと思います。
父親と一緒の事務所で仕事をすつことが、僕の親孝行であると思っております。

行政書士とは、どんな資格・試験!?
事務所運営から専門的業務まで幅広くで活躍できる「身近な法律家」

ページTOPへ

ページTOPへ