LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第6弾 佳作作品1

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第6弾募集テーマは「スキマ時間学習エピソード」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第6弾 佳作作品

佳作 かえでさん

「合格まで駆け抜けよう」

目指す資格:
社会保険労務士
スキマ時間:
ランニング中

勉強するにも働くにも健康第一です。私も30歳を超えて一段と体力が衰え、仕事でくたくたになった後では体力的にもなかなか勉強に手が付かない状況でした。そんな理由から、体力維持に加えより多くの勉強時間を確保するためにも休日のジョギングを始めました。

当初は音楽を聴きながら30分から1時間程軽く汗を流す程度でしたが、少しでも勉強時間を確保したいのが本音であり、そのために始めたジョギングですからこの時間で何か勉強できないかと思いました。 そこで講義の録音データを聴きながら走りました。

テキストはなくても予習・講義・復習と何度も目にしたテキストですから先生のお話で「この解説はあのページのことだな」と思いだせます。また手足を動かしながらの記憶は残りやすいとも言われておりますのでこの方法は理にかなっているのではないかと思います。

今ではジョギングの時のみならず、ドライブ中にも講義の録音データを聴きながら運転し、また趣味の海釣りの最中にも録音データを聴くなど楽しみながら勉強しています。 せっかく音声データがあるのですから勉強時のみならずBGMとして日常生活の先生の教えを体に刷り込んでいます。

社会保険労務士とは、どんな資格・試験!?
人事・労務・年金問題を解決するスペシャリスト時代が求める要請に応じることのできる資格!

ページTOPへ

佳作 ぱんださん

「携帯電話有効活用」

目指す資格:
税理士
スキマ時間:
通勤・通学時間(電車・バスにて)

地下鉄などが混雑しているとき、勉強したくてもテキストを開くことができないことがあります。

こんなときは、テキストの暗記要素の強い部分を携帯電話のカメラで撮影しておき、その画像を地下鉄の中で眺めながら暗記するという方法をとっています。携帯電話でPDFファイルを閲覧できる人は、テキストの重要部分をスキャナで読み取って、携帯電話に保存しておくといった方法も有効かと思います。

税理士とは、どんな資格・試験!?
人々の大切な財産を守ることのできる専門職!

ページTOPへ

佳作 たんたんさん

「上司の背中」

目指す資格:
税理士
スキマ時間:
会社に着く前に(カフェ・ネットカフェにて)

今、スターバックスで税理士の勉強をしている。時々、初老の男性が一目散に問題を解いているのに出くわす。

会社の上司だ。

お互い、スタバで会っていることは暗黙の秘密だが、あの上司のようになりたいという私のやる気のもとだ。

税理士とは、どんな資格・試験!?
人々の大切な財産を守ることのできる専門職!

ページTOPへ

佳作 lucky manさん

「ipodフル活用」

目指す資格:
税理士
スキマ時間:
通勤・通学時間(電車・バスにて)

税理士の試験で最も辛いのは誰しもが「暗記」ですよね。数ある暗記方法のなかで私が採用しているのは、耳で聴いて覚える方法です。

市販のモノもありますが、私は、自分の声で朗読してipodに2倍速もしくは3倍速に変換して聴いています。机に向かえないスキマ時間には常にipodのイヤホンが耳に入っている状態です。

自分での朗読だと、色々なところで咬んだりしてしまっているのがそのまま録音されていますので、何度も聴くとその咬んだところも含めて頭に残っている感じです。特に私は咬みやすい体質?なので、3倍速で聴いていても、まったくリズムに乗れず、それがまたいい感じなのですね。。。

税理士とは、どんな資格・試験!?
人々の大切な財産を守ることのできる専門職!

ページTOPへ

佳作 いぬっちさん

「秘密の勉強部屋!」

目指す資格:
宅建
スキマ時間:
お昼休み

私が宅建の受験勉強をしていた時のことです。それまで法律の勉強をしたことがありませんでしたので、働きながらの受験は正直厳しいものがありました。また資格試験は初めてということもあり、なかなか予定通りにはいきませんでした。

1か月目にテキストを読み込み、2か月目に過去問を解くのとテキストの復習を行いました。しかし、後1カ月ではどうしても自分が思っていることをすべてすることができないと気付きました。そこで考えたのが、昼休みに勉強するということです。そんなの当たり前とおっしゃる方がいますが、試験を受けることを内緒にしている私としては、みんなの前では勉強できませんでした。

そこで社内ではできないので、前の大きな公園ですることにしました。勉強していると同僚の声が聞こえてきたので慌ててテキストを隠しました。(同僚には受験することを言っても良かったのですが。)これ以降周りに誰もいないかが気になってあまり集中できなくなりました。

試験の10日ほど前になっても予定通りに勉強が進まず、気ばかり焦っていました。公園ではどうしても集中できないという状況が続いていました。どこで勉強すれば集中できるのか必死に考えました。個室で誰からも邪魔されることのない空間をようやく見つけることができました。あまり大きな声では言えませんが、それは社内の地下トイレ(大便用)です。トイレには当然ですが、椅子や机はありませんので快適な姿勢では勉強できません。しゃがんだり、立ったりを繰り返しながら10日間、毎日30分集中して勉強しました。私はトイレで模試や過去問の復習をやり遂げました。そして試験に何とか合格することができました。

人間やる気を出せば、どこでもどのようにしても勉強できるのだなと改めて感じました。今回の試験の勝因はトイレでの勉強だと思います。

宅建とは、どんな資格・試験!?
時代に左右されない就職・転職に強い、「住」のプロフェッショナル

ページTOPへ

佳作 みみさん

「DS活用しています」

目指す資格:
宅建
スキマ時間:
始業前の会社のオフィス

LECのDSで、とても重宝しています。はじめは、ゲームとしての感覚から購入後、しばらく開封しなかったのですが、やってみるとテキストの内容が意外と頭に入ってきてびっくりです。家族が大勢いるので家では、ほとんど勉強ができませんが、これはHIT商品です。電車、人との待ち合わせでも有効活用させてもらっています。

なんか、宣伝になってしまいました。

宅建とは、どんな資格・試験!?
時代に左右されない就職・転職に強い、「住」のプロフェッショナル

ページTOPへ

佳作 ぼんちゃんさん

「部長に励まされて!」

目指す資格:
行政書士
スキマ時間:
お昼休み

私は、社会人であり、夫であり、父親でもありますので、なかなか自分の時間を持つことができませんでした。

そんな中、行政書士の魅力を知り、この資格を取りたいと強く考えるようになりました。しかし、スクールに通いたくても、通学する時間の余裕はなく、通信での受講となりました。1日1コマという目標を決め、早起きして勉強していたのですが、起きられない日が多く、特に業務が多忙のときには起きる気力が全くわかない日もありました。

朝方の勉強は難しい、かと言って仕事から帰って家で勉強する夜型の勉強も難しいと思っていました。そこで、なるべく、優先順位の低い時間を使おうと思いました。それは、寝たり、ぼーっと過ぎしていた『通勤時間』や『昼休み』です。これにプラスして、会社帰りに喫茶店(ベローチェ)で1時間勉強しました。

それと、休日の朝7時に起床し、家族が起きる前にベローチェへ行き、3時間勉強しました。以前、『パパは勉強してばかり!』と言われた痛い経験から、休日の優先度の低い時間帯を活用しました。このすきま時間活用法を1ヶ月続けると、段々と、体と心が慣れてきました。

『継続は力なる』とはよく言ったものだと実感しました。仕事場での昼休みの勉強に、最初は、『何やってるの?』(悪い意味での質問)と視線を集めていましたが、1ヶ月経つと全く視線を集めることなく、それが自然となりました。そんな中、一番嬉しかったことは、昼休み、部長が『何やってるの?』(良い意味)と寄ってきて、行政書士のことを話すと、自分も若かった時に司法書士の資格のために勉強していたことを話してくれ、最後に頑張れ!と声をかけてくれたことです。

努力を見ていてくれたことと、部長との距離が縮まったことが嬉しかったです。すきま時間での勉強、その短い時間を見てくれ、ひそかに応援をしてくれることもあるんだと実感しました。

行政書士とは、どんな資格・試験!?
事務所運営から専門的業務まで幅広くで活躍できる「身近な法律家」

ページTOPへ

ページTOPへ