LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第6弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 結果発表

第6弾募集テーマは「スキマ時間学習エピソード」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第6弾 最優秀賞・優秀賞作品

最優秀賞 kurodoraさん

「いいわけ」

目指す資格:
弁理士
 
スキマ時間:
通勤・通学時間(電車・バスにて)

職場の先輩に「最近、本を読んでいるか?」と聞かれたことがある。

私は、「いろいろ忙しくて」と返事をした。その答えに先輩は、「時間は作るものだ。電車を待つ間でも本は読めるだろ!」と激怒した。自分の性格からして、「電車を待つ間」に勉強なんて恥ずかしくて出来ない。「ガリ勉」している真面目な人間に見られたくなかったからだ。その後、資格試験を受験しようと思い勉強を始めた。仕事をしながらの受験勉強は思ったよりも時間がない。合格者の多くが「スキマ時間」を有効に使っていると聞いた。受験するからには合格したい。

とにかく、「スキマ時間」を有効に利用しようと「電車を待つ間」も勉強時間に充てた。恥ずかしいと思っていたことも合格したい気持ちが上回ったのだろう。今では、日常当たり前のこととなった。先日、いつものように「電車を待つ間」に勉強していると、誰かの視線を感じた。それは、以前、私のことを叱った先輩だった。近寄ってくることもなく、ただ遠くから微笑んでいた。職場でも何も聞いてこない。

あの時、激怒したのは何もしないことを「いいわけ」したからだと思う。「いいわけ」もせず、「スキマ時間」に勉強する姿を見て先輩も嬉しかったのだろう。先輩から時間の使い方と「いいわけ」してはいけないことを教わった。その時から、試験の結果がどうあれ、「いいわけ」をしないよう全力で勉強しようと決めた。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

優秀賞 KEN-KOHさん

「合理的な家族サービス」

目指す資格:
行政書士
 
スキマ時間:
買い物の付き添い時

私は所帯を持っている。なので必然的に、休みの日は“家族サービス”という名の勤労が待っている。

これまでの数々のバトルで、資格学習には、家族の理解が何よりも必要なことが、身に染みるほど感じさせられた。

そこで、私が考えたスキマ時間は、「買い物の付き添い時間」である。その方法とは・・・。まずは、昼食を家で済ませる。そして、2時頃に家族全員が自動車に乗って、ショッピングモールへ向かう。この2時という時間帯が後々重要なキーになる。そうこうしているうちに、目的地に到着。

そこで、家内が一人自動車から降り、買い物へ向かい、私と子どもたちは車内に残る。「えっ?子どもたちは?」と思われるかもしれないが、自動車に揺られている間、見事に昼寝をしてくれる。

そう!2時に出発するという理由は、実はここにあるのだ。郊外にあるショッピングモールの駐車場。その場所が、私にとっての学習スペースであり、貴重なスキマ時間を与えてくれる大切な空間である。

行政書士とは、どんな資格・試験!?
事務所運営から専門的業務まで幅広くで活躍できる「身近な法律家」

ページTOPへ

優秀賞 ひろきーたさん

「ウォーキング・スタディ」

目指す資格:
司法書士
 
スキマ時間:
通勤・通学時間(電車・バスにて)

仕事と勉強を両立するのは難しいもの。

さらに、長い勉強期間を考えると、体調管理にも気を配らないと。

これまでは、定期的にスイミング等してダイエット兼体調管理を行ってきましたが、勉強を始めてからはそんな時間は作れません・・・。

そこで思いついたのが、ウォーキング・スタディ。会社帰りの電車を、3駅から5駅手前で降りて、ipodでLECの講義を聴きながら、たっぷり歩いて帰ることにしました。夏場はダラダラと汗をかきながら、、冬は寒風に吹かれながら、、お陰で昨年は風邪をひくことなく健康に過ごせました。

肝心の講義が頭に入ったかと言えば・・・、笑ってしまうのが講義の内容を思い出そうとすると、それを聴いた時に歩いていた場所の景色が浮かぶのです。

ああ、その話は遊歩道を歩いていたときに先生がしゃべっていた、とか、中目黒辺りで聴いたな、等・・・。

情報と情報を結びつけて記憶する脳のメカニズムを垣間見た気もしたりして。。まあそんな感じでなんとか時間を作りつつ、楽しみながらコツコツ勉強させていただいております。今年もお世話になりますm(__)m

司法書士とは、どんな資格・試験!?
登記業務・訴訟代理業務・成年後見業務など社会が求める専門性の高い資格

ページTOPへ

ページTOPへ