LEC東京リーガルマインド > キャンペーン情報一覧 > Myエピソードキャンペーン > Myエピソード 第2弾 最優秀賞・優秀賞作品

Myエピソードキャンペーン 第2弾各賞結果発表!

第2弾募集テーマは「受験にまつわるいちばん○○な時」 各賞結果発表!!

Myエピソード 第2弾 最優秀賞・優秀賞作品

最優秀賞 ニャン三郎さん

「ネクタイピン」

目指す資格
土地家屋調査士
いちばん嬉しい時

去年、土地家屋調査士の試験に合格した。
病気で療養しながら勉強してきた私にとっては、ひさしぶりの明るい出来事だった。
もちろん、両親も喜んでくれた。定年退職している父は合格前から、私が開業するときは補助者として一緒に働きたいと言ってくれていた。

合格証書の授与式が法務局であり、スーツを着てネクタイを締めた。
「行ってきます」と言って玄関で靴を履いていると、父が「コレをしていけ」とネクタイピンを渡してくれた。ネクタイピンをするのは年寄り臭いイメージがある。だからしないことにしているのだけれど、せっかくなのでしていくことにした。その時は、他に何も思わなかった。

家を出て5分ぐらいして、父がはしゃいでいることに気が付いた。

・・・父が、はしゃいでいる!

今まで、心配させたりがっかりさせてばかりだった。
車を運転しながら目が潤んできて、困った。

土地家屋調査士・測量士補とは、どんな資格・試験!?
人々の大切な財産を守ることのできる専門職!

ページTOPへ

優秀賞 マグマ大子さん

「応援し続けてくれる友人」

目指す資格:
司法書士
いちばん泣いた時

大学を卒業して2年目、今年の試験も結果が出なかった。友人たちはほとんど働いており、働かずに夢ばかり追い続けている自分は「これでいいのか。現実を見なければいけない年齢じゃないのか。社会人経験がなくてもうやり直しがきかないんじゃないのか」と漠然と不安が押しかけてきた。

母子家庭で育ち、早くから自立し、結婚して子供も2人いる幼稚園からの親友に今まで漏らさなかった上記のような不安を電話で話してみた。
すると「勉強を開始できて、今まで続けれるお前の環境をもっと感謝しなアカン!辞めるにしろ続けるにしろお前が納得した結果で決めないと応援してくれた人に失礼なんちゃうか?今しか出来ないことやし、結果だしてから恩返しすればいいねんから頑張れ!」
と後押ししてくれた。

本当に自分は環境に恵まれ友人に恵まれたんだと改めて思いみんなのために立派な法律家になりたいと思った。

司法書士とは、どんな資格・試験!?
登記業務・訴訟代理業務・成年後見業務など社会が求める専門性の高い資格

ページTOPへ

優秀賞 れいやまさん

「彩の夏 あきらめの夏」

目指す資格:
弁理士
いちばん挫けそうになった時

『LECの講座をとりたいんだけど・・・。ダメかな?』恐る恐る家内に言ってみた。
『はぁ〜?(カチン⇒ムカーっ⇒怒怒怒だと思う。)』

案の定?怒らせてしまった。言うんじゃなかった。

・・・。
2歳の娘がいる。3人暮らし。そして共働き。
家内は、だんなの稼ぎの侘しさを補填する為、働きに出てくれてる。
にもかかわらず、平日の家のことは娘の保育園の送り迎えから就寝に至るまで全てやってくれている。
娘が不憫にならないようにと全力で接してくれている。本当に頭が下がる。

だけど、休日はだんなだってがんばる。
しかし、娘との間合いがいまいちだ。娘は泣く。家内は怒る。娘もつられて怒りだす。
掃除をする。家内の求めるアウトプットには程遠い。怒られる。
何かするたび、家内と娘に咎められる。正直、会社に行っている方が楽だ。

娘が生まれる前までは、家内はかなり譲ってくれた。
弁理士試験の勉強をしてー。と言ったら、させてくれた。
けど、今は娘がいる。僅かばかしの給料だ。お金は娘のために使う。当たり前のことだ。

いまさら資格の勉強?何を言っているのか。
あの時、真面目にやればよかったでしょ!うなだれる。
本ばっかり買って、何もやらなかったじゃない!心に突き刺さる。ぐうの音もでない。

けどね・・・。
家内に負担をかけたくない。娘とたくさんの時間を過ごしてほしい。
だから!資格取得して現状を打破しよう!
突飛しすぎているかも。
資格を取ったからといって、お金が流れ込んでくるわけではないし。

けど、やれば変わるかもしれない。やってみないと分からんねー。
今年の短答はあと少しだった。がんばりが足らなかった。まだまだ、がんばれる。
だって、これから何十年も娘と接していくことになるんだ。がんばれないなんて言えねー。
だんなは訴える。

だったら、その気持ちを変な所にばっかり向けず、娘に向ければいいでしょ!
この上ない一言が浴びせられた。当たり前すぎて反論なんかできなかった。
本当にくじけるところだった。

・・・。
なんだかんだあったが、少しお金は出てきた。最期らしい。
だんなのたわごとに付き合ってくれるらしい。
中学生ばりの小遣いは更に削られたが、講座を受講をすることができた。
がんばるよ。

弁理士とは、どんな資格・試験!?
「技術」と「法律」を駆使する知的創造社会の担い手!

ページTOPへ

ページTOPへ