日商簿記

通学 VS 独学

外販書籍・学習ゲームソフトなど、格安に勉強できるツールは多数あります。
にもかかわらず、なぜみんな高いお金を払ってスクールで学んでいるのでしょうか?
独学とLECを比較し、その理由に迫ります。
そこにはやはり“わけ”があります。

  通学 独学
費用

級により異なりますが、費用は当然独学より高くなります。

市販の教材を購入して学習しますので、予備校と比べて安価です。ただ、効率が乏しく確実性が低いので、最後は予備校を利用することになり、結局割高という場合も。

効率

LECのカリキュラムや講義内容は、高い学習効果を得ることができるように設計されていますので、無駄な勉強や回り道をすることなく、短距離で合格に近づけます。疑問も短時間で解消します。

何を勉強しなければならないかといった根本的な悩みから始まって、勉強方法や出題傾向など、すべてを独自に手にいれなければいけません。わからない部分も質問する相手がいなければ、ほとんど手探りで進めなければなりません。

柔軟性

スケジュールに合わせて受講しなければならないのでフレキシビリティーは高くありませんが、その分強制力が働き、モチベーションが維持できます。また通信講座を利用すれば、この問題もクリアできます。

市販の教材で自分の都合に合わせて勉強できるので、限りなくフレキシブルです。ただし、その分自己管理が大切です。意志が弱いと継続しにくいという面も。

情報

学習に必要な知識情報が適切に取得できます。重要な箇所は細かく深く、不要な箇所はバッサリと。メリハリのついた講義で効率的に学習を進められます。また、わからないこともすぐに質問できるので効率性は遥かに高いと言えます。

必要な情報を効率的に入手することでができないので、無駄な勉強や回り道が多くなります。疑問が解消するまでにも多くの時間と労力を要します。ここ何年も出題されていない論点を、重要論点と同じスタンスで学習してしまう場合も。

確実性

学習の継続しやすさや情報量・学習効率の高さから、LECを利用したほうが合格の確実性は高くなると言えます。

学習の継続の難しさ、情報の不足、学習効率性の悪さなどから、独学の合格の確実性は結果として低くなります。

独学でも合格を手にすることはできます。
しかし、せっかくの自分を変える新しいチャレンジ、どうせだったら楽してより確実な方法で始めませんか?

LEC自慢の教材と試験を知り抜いた講師陣なら、短時間で確実な知識を身につけることが可能です。
これまでに多くの受験生と出会ってきたLECだからこそできるお手伝い、
本当にたくさんあります。