0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

短答・論文コース&論文コース申込特典

意商の類否判断を再確認する講座(非売品)

弁理士試験は条文の試験と言われ、いかに正確な条文への理解を身につけるかが勝負となっています。
しかし、そんな弁理士試験において、一部条文の学習だけでなく、審査基準にも踏み込んで学習することを求められる分野があります。

中でも類否判断はその最たるものと言えます。これは論文を書くための前提として非常に基本的な知識ではありますが、条文だけで対応できるものではなく、審査基準の知識と理解が必須だからです。

また、意匠法と商標法では、共に類似という概念を取り扱うわけですが、これらは同じ用語でありながらも、法目的を異にする両法では取り扱いが自ずから異なるため、非常に混同や誤解が生じやすい部分でもあります。

本講座では、基本的でありながら理解が不十分な受験生の多いこの類否判断を、意匠法と商標法の違いを踏まえつつ解説します。
本講座を通じ、審査場面では拒絶理由判断に、侵害場面では否認可否の判断において決め手となる類否判断を得意分野にしてください。

意商の類否判断を再確認する講座テキスト

Point

論文必須要件総整理講座テキストサンプル

※画像はサンプルです。

  1. 具体例に根ざした、記憶に残りやすい生きた知識体系を構築!
  2. 実際に論文の問題としてどう出題されるかを例題として提示!
  3. 具体的な論文答案例への理解を通じて、点を取れる力を身につけることができる!

意商の類否判断を再確認する講座テキストのサンプルPDFを開く

担当講師

LEC専任講師
安西 悠 LEC専任講師
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。その後、弁理士試験合格。現在は、都内某特許事務所に勤務。
LECでは、初学者向けの論文ゼミから論文受験生向けのLゼミSpecial 等を担当。

付与条件

付与対象期間中に対象コースを申込みされた方

付与対象期間

2018年5月7日(月)〜2018年7月31日(火)

対象コース

  • 2019年向け短答・論文実戦力完成コース
  • 2019年向け短答・論文解法修得コース
  • 2019年向け論文実戦力完成コース
  • 2019年向け論文解法修得コース

※教材はWeb上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございません。PDF化したデータをOnlineStudySp上でご覧ください。

特典教材発送開始日

2018年6月14日(木)

特典動画配信期間

2018年6月14日(木)〜2019年7月31日(水)

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP