0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

弁理士実務家インタビュー 野嶋公一朗

弁理士実務家インタビュー 野嶋公一朗

「企業内弁理士が自社の特許を育てる」

-野嶋公一朗- HOYA 株式会社 オプティクス部門 技術開発本部知的財産推進室 室長/弁理士

弁理士を目指したきっかけ

設計者として国名メーカーに勤めましたが、その後、事業戦略を担当する部門に移転しました。その際、どんな商品を作るのかという"舵取り役"をすることになり、半導体を製品としていましたので、様々な特許・商標の調査をしなければなりませんでした。その当時は特許部門の方もいましたが、開発者の思いと知財部の思いが齟齬する場合があることを感じていました。良い製品ができても特許を避けることができず、商品として市場に出すことができず、非常に歯痒い思いをしたときもありました。

当時は明細書の読み方も分からなかったので、このような判断は専門的なスキルがないと難しいと思い、自分で勉強を始めたところ、勉強が面白くなり、弁理士を目指すようになりました。良い製品を世に出すために自分が動いたという感じですね。開発者の思いを知財部に「代弁をしなきゃ」と思い、今までは気持ちが汲み取られずに上手くいかないことがあったので、何とかしようという思いからでした。

現在の業務

HOYA株式会社にて

HOYA株式会社にて

権利化前の業務では、発明の抽出、発明のブラッシュアップをする作業が中心です。それとともに、経営部門などの他の部門と情報共有を図り、そのなかで開発部に必要な情報を提供したりしています。そこでは、知財部をさらに活性化して、もう一つ上のレベルに引き上げることも含まれます。

企業内での知財の仕事は、コミュニケーション能力が高くないと上手くいかないと思います。会社組織の面においては、これまでは開発部門と他の部門が上手く連携ができない場合がありましたが、技術と法律の両面をカバーできる弁理士の存在が各部門の連携を円滑にしているのだと思います。技術のことなら技術者が、法律の知識は弁護士が良く知っているのだと思いますし、連携をスムーズにするところに、企業内弁理士の存在価値があるのだと思います。

ですので、誰と話をするのかにより、話し方も変わりますし、その部門の担当者が求めていることを理解できるように伝える意味でも、コミュニケーション能力は大切だと思います。

企業内弁理士の特長・適正

HOYA株式会社入口にて

HOYA株式会社入口にて

特許事務所に勤める弁理士と比較して、企業内弁理士は自社の特許を一貫して取り扱う点が異なっているかと思います。企業内であることから、開発段階から深く関わることが可能になり、特許に関する書面はきめ細やか内容になりますので、社外の弁理士にお願いするときには非常に喜ばれたりします。やはり、開発側の意図を丁寧に伝えることで開発者・知財部・弁理士が一体となって特許を考えることが大切ですし、少し大変ですけど、それが重要な役割なのだと思います。そうしてくると、社内での位置づけも、ジョイント役のようになってきて、各技術部門の意見をまとめることにより、技術の戦略的な権利化が展開できるようになってきます。

また、特許(知財部)に向いている人は、難しいですが、物事の本質を考えられることができる人だと思います。また、コミュニケーション能力が大切になってきますので、特に発明者と信頼関係を築いていける人が向いているのではないかと思います。

印象に残った仕事

弁理士試験に合格後、知財法務に関する業務を携わっていたのですが、その会社の倒産処理の際に、海外の大手メーカーからの訴訟に対応をしたことです。そこでは、1人で倒産処理をしつつ、複数の国での訴訟に対応しなければならないという状況でした。これまでで一番大変でしたが、人生の財産となる貴重な体験でしたね。

今後の目標

自社の特許を海外で展開をする上では、日本が中心となって考えなければならないので、いかに効率よく費用を抑えつつ、効果的な特許戦略ができるかを追求していきたいです。
また、企業としては権利の有効活用の観点も重要ですので、自社の特許から収益を上げることで、次の研究・出願費用を捻出できるようなサイクルの構築をしていきたいです。

これから弁理士を目指す方へ

弁理士試験は易しくなったとはいえ、過酷な試験です。そのため、試験合格に集中しすぎると、合格後に目標を失ってしまうことがあります。ですので、弁理士取得後に何をするのかを常に考えてください。資格を取得しても勝手に仕事が来るものでもないですから、行動できるような状況を自ら作っていくようにしてください。
また、今までの経験は弁理士をする上でプラスになります。それは、人事でも経理でも必ずプラスになります。ですので、「弁理士を取得するから今の仕事はどうでもいい」などと考えずに、今の仕事を大事にしてもらいたいです。

弁理士実務家インタビュー
竹下敦也 CABINET PLASSERAUD(キャビネ・プラスロー)フランス 日本国弁理士 鮫島正洋 内田・鮫島法律事務所 代表パートナー/弁護士・弁理士 龍華明裕 RYUKA国際特許事務所所長/弁理士/米国弁護士 岩井優子 つばさ国際特許事務所/弁理士 久保怜子 特許業務法人 志賀国際特許事務所 意匠商標ライセンス部/弁理士 野嶋公一朗 HOYA 株式会社 オプティクス部門 技術開発本部知的財産推進室 室長/弁理士 池本和博 富士通株式会社 知財部 鍋島康雄 エリーパワー株式会社 知財部 石塚利博 株式会社 日立ハイテクノロジーズ 知的財産部 部長/弁理士 安高史朗 ヤフー株式会社 社長室コーポレート政策企画本部 主幹 弁理士 前田大輔 小西・中村特許事務所 久野恭兵 みなとみらい特許事務所

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP